2014.10/05(Sun)

【だんな様は霊能力者】 心の闇 

だんな様のブログを見ていて思い出しましたが、
http://naruaki.blog21.fc2.com/blog-entry-2732.html
数年前、「だんな様のお弟子さんに自分の心の闇に光を当てる」
という修行を課したことがあったな・・・と思い出しました。

例えば、お祓い、
例えば、浄化
例えば、供養

やっていれば、いつかはできるようになると。
けれども、職業として続けて行こうと思うのならば、
自分の心の闇に、わずかでもいいので光を当てなさいと。

自分の心の中の闇というのは、それこそ「闇」に紛れているので、
普通のハッピーな状態では、見えにくいもの。
逆に言えば、普通に、普通の状態で生活していこうと思うのなら、
多少のことは、ハッピーオーラの光で、自分の浄化はある程度可能です。
ですから、辛くても、笑っていれば、ハッピーなことも
寄ってくる・・・ということにもつながっていきます。

けれども、それを職業にするとなると、いつか、どこかのタイミングで
自分の心の闇とは対峙しておく必要があると。

修行と言えば、瀧とかお経を詠むとか、山にこもるとか。
そんなイメージを持ちがちですし、そんな修行も必要なのでしょう。

けれども、自分の心の闇に光を当てるって、かなりの精神力を必要とします。
自分のトラウマとなっているものに、立ち向かうのは、生易しいことではありません。

例えば、水が苦手、泳げないという人っていますが、
これがいろんな意味でのトラウマになっている場合。
異常なほどの恐怖感を、ただ水を見ただけで感じるもの。
普通に水に入り、普通に泳げる人からは考えられないほどのプレッシャーがかかります。

「このことは、理由もなく苦手、恐怖と感じることは、
人間関係を含めて、どこかのタイミングで解消しておくように」

・・・と言われて、だんな様のお弟子さんは、必死でプールに通ってたことがあります。
ヒーラーと、水泳???
つながりが、ありそうで、なさそうな感じですが、自分の恐怖に対して、
光りを当てておくことの大事さは、本格的に仕事を重ねて行く度に、
その意味がだんだん分かって行くのでしょう。
それにしても、「泳げるようになりました」となるまで、
ほんと、泣きそうになりながら、泳ぎ方のクラスに入って、
そりゃもう、必死な姿でしたよ~~。


もちろん、心の闇に潜んでいるものは、ひとつとは限りませんから、
その時、その時、気が付いた「心の闇」を見ないふりして通り過ぎると、
必ず、その地点に逆戻り・・・なんてことも少なくありません。
もちろん、逆戻りも含めて、修行なのでしょうけど。

さらに、「心の闇」に光を当てたからといって、ぜ~~んぜん大丈夫!
むしろ得意なぐらい!と、行けばいいのですが、そうもなかなか(苦笑)
苦手なものは、苦手なまま、やろうと思えば、やれる、すくなくとも逃げないでいられる。
ってのも、乗り越えた一つの証拠って場合もあります。

ヒーラーとして、霊能力者として、パワーが増せば増すほど、
そのパワーを使う意識もまた、昇華していく必要があるとは、
まあ、その時、その時の、修行の焦点は常に変化しているってことでもあるのでしょう。

かくいう私にも、私仕様のミッションが・・・(涙)
だんな様のお弟子さんたちとは、はたまた違った形でいつも訪れてはいるのですが、
いつも、突撃~~~!ってやってしまった後で、
あれは修行だった・・・と思うという、なんともお気楽な性格のようです。

心の闇は、あって当然。
だから、人の気持ちがわかることにもつながるのですから。
ただ、それに振り回されて、あらたな闇を作らないように、
気を付けたいとは思っています。

IMGP6801
IMGP6801 posted by (C)kumisensei
心の闇かどうかは別にして、
ある人のある一つのことに区切りをつけるために、
一緒に出掛けた場所・・・阿蘇神社。
来年もそんな旅を計画中です・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |