2014.10/08(Wed)

【だんな様は霊能力者】 先祖とお墓 

言うまでもないことですが、お墓に関することは、慎重に!
当たり前すぎて、でも、敢えて、繰り返しますが、本当に気を付けた方がいいです。
それが、先祖の意向に沿ったものであったとしても・・・です。

今回、高野山に突然のようにミッション!と題して出かけたのは、
先祖の「墓じまい」のため。
つまりは、お墓を代々引き継いできたものの、その苗字の子孫は
残念ながら存在していません。
九州に居る母は、自分が生きている限りは、自分がみるから・・・
と、頑張ってきましたが、ここに来て、実家に残った者もおらず。

縁あって、高野山に収めることができることになりました。
・・・地元では、地元に残ったいとこや叔母が協力してくれ、
高野山では、台風の中、母が持ってきた先祖の遺灰を預けて、
ミッション、一応終了!

とはいっても、このお墓を移動することが決まってから、
私も妹も、体調がすぐれず、特に、先週ぐらいは、なかなか大変でした。
ココから先は、高野山で面倒をみていただくことになりますが、
こうして、先祖の供養に立ち会えるというのも、とても幸運だと
それこそ肌で感じました。

というのも、先祖の血は私にも流れているので、
先祖が安心すれば、私の中に残っている先祖の記憶が、
すっきり消える・・・。
どうしても人の思いというのは、心残りな事となってしまい、
ネガティブなものが多いのです。

ここまで来たので、後は自分の浄化をするってのが残っていますので、
気を許さずに最後の仕上げは、だんな様とそのお弟子さんたちに
お願いすることになります。

自分の先祖、顔も知らない、名前も知らない、先祖ですが、
今、体と心でわかるのは、ちゃんとつながっているということ。
そして、誰かがどこかで供養してくれているだろうということでは、
自分の中から、残ってほしくないものは消え去ることができないということ。

高野山へのミッションだけで、かなり良くなりましたし、
その後、頑張って空手に行ったのも、自分でできるだけ自己浄化しておこうと思ったから。
空手をやっている時の気の上がり方って、半端ないので、
それこそ体の中から浮き上がっている程度のものなら、
汗と一緒に、どっかに吹き飛んでしまいます。

不思議なもので、いろんなことが解決し始めるまでは、
どこに向かっているのかわからない!!って時もありました。
けれども、解決法を探し求めているうちに、ある時期から、
どんどんことが動き始めました。

ん~、台風は予定外でしたけど(笑)
ただ、おかげで、すっきりとした空気の中で、
金剛峯寺でお参りした後、外に出たら、雲の間から太陽が顔を出しました。
きっと、ご先祖様も、安心したって伝えてくれたのだと思います。
後、もう少しで、ひと段落つきそうです。
CIMG1948
CIMG1948 posted by (C)kumisensei
CIMG1983
CIMG1983 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |