2015.02/18(Wed)

【だんな様は霊能力者】 心配するより、祈れたら・・・ 

生きているといろんな心配事や気になることがあります。

感覚がある人に、そんなことを聞きたくなったり、見てもらいたくなったり。
気持はよくわかります。

誰かを心配することは、とっても大事な、とても素敵なことだと思いますが、

「むやみな心配や干渉は、本人にとって邪魔なこともある」
と、だんな様がいつものようにきっぱり言い切ります。

また、心配しても、気にしても、状況は変わらないし、
心配していることや気になっていることが、どういう状況か、
知ったところで、見守るしかないこと、ってあります。

だから・・・現実的に考えても、心配したり気にしたりしても、
確かに、労力の無駄になること、徒労に終わることも少なくない。

例えば、子供の受験など、最たるものです。
何をやってるんだか・・・と、言いたくなる親御さんの気持ちもよ~~くわかった上で、
間違えないように、失敗しないように、あなたはいつもそうなんだから
って言われている子供の側に立ってみると、
そんな言葉、言われなくてもわかっているわ!と切れたくもなる(笑)

思いやりの言葉のかけかたは、相手を見ないと、行き違いになることもあります。
だから、同じ、ある出来事を一緒に乗り越えなくてはならないのであれば、
むやみに心配するより、むやみに気にかけて、自分までイライラするぐらいなら、

「自分の実力が十分発揮できますように」

しっかり祈って、あとは、自分がなすべきことに集中する。
子供は受験を頑張り、
親は不安な気持ちにならないよう、
子供を信じることを頑張る。

受験を例に出しましたが、人生の中で、誰かを応援するときは、いつも同じ。
何より、本人が一番プレッシャーを感じたり、辛いと思ったりしているはずで、
本人がやらないといけないことは、本人がやるしかないのですものね。

本人に直接、ああ言ってみたら、こう言ってみたら、
な~んて思いを巡らしても、そんな言葉も聞けるかどうか、相手のタイミング次第。

最後には、「ああ、言ったのに~」「だから~」「これだけ心配していたのに」
・・・わかりますが、これじゃあ、誰のための心配かわからない(苦笑)

あ、私も心配することはありますが、基本、自分で勝手に心配している、
という意識を忘れないように、努力中です(あはは)

いや~、今日もまた、空手にでかけましたが、
やった分だけ、筋肉がついているようで(苦笑)
そう、そう、他人の筋肉をつけることはできませ~~~ん。
本人がやるしかないのですよね!

butuga.jpg
塗り絵・・・自分で塗った分だけ・・・上手になりたいな・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  02:32 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |