2015.03/03(Tue)

【だんな様は霊能力者】 未来の決め方 

ロンドンに住む妹の子供が、お受験。
見事、自分が行きたいと思う学校2つに合格。

・・・っと、そこからが、大変、大変。
どちらも素敵な学校。どちらも本人に合っている。

そう、そう、だんな様が合格祈願など、将来に関わる祈願を受ける時、
「無理矢理にでも通す」という強引なやり方は、
時と場合によりますが、基本、避けるそうで。
「一番いい流れで、一番いい方向に」
というのが基本らしいです。

何しろ、祈願は叶っても、叶った後も本人の人生は続くので、
例えばせっかく合格しても、学校が合わないとなれば、
元の木阿弥ですものね。

先を見据えた祈願って、ほんとに大事ですよね。
こんなはずじゃ・・ってことは、どんな選択をしても
もれなくついてくるのが普通ですものね。
いや、こんなはずじゃ・・・がもれなくついてくる、というより、
私たちの想像力は、結構、貧相(爆笑)と、
「そ、そう来たか~~」ってことが起こる度に思います(笑)

とはいえ、今回の妹の子供の学校選びは難しかった・・・。
何しろ、どちらも、本人に合っているんですものね。
期限ぎりぎり(ってそれは今日ですが)まで、みんなで悩みに悩み、
タロットに聞いても、ほとんど同じ答え。

って、大事なのは、本人がどちらに行きたいかという最終的な気持ち。
期限ぎりぎりに、2つの学校にもう一度それぞれ訪問して、
やっと決まったようです。
あ~~、スッキリした(ってあんまり関係のないおばさんまで、悩んだ・笑)

そして、この学校と決めた結論に、本人満足なようで。
それが何より。

中学や高校では、やっぱり本人も周りも、想像つかないいろんな事が起こります。
その時大事なのは、自分で選んだという事実。
それが、その局面、局面での、本人の覚悟や姿勢につながって、
やがて、大きな成長につながることでしょう。

右か左か悩む。
そんな悩みって、時々、目の前に落ちてくるものですが、
どっちが正解だったかは、決めた後の自分が作り上げていくもの。
と、私的にはいつも思っています。
というか自分に言い聞かせています。

だから・・・もし、もう一つの道を選んでいたら・・・という仮定は、
今の私には、不思議なぐらい、「ない」
もし・・・あの時・・・こうしていたら、今の自分はないわ!と思うことがあっても、
もし・・・あの時・・・こうしていたら、こんな風にならなかったかも・・・
いやいや、そんな風に考えている時点で、
きっと、どちらに行っても、同じようなこと、考えてますって!(笑)

と、心から思えるようになるまでには、さまざま
もし、とか、たら、とかいろいろ考えてみたり、試行錯誤してみたり、
そんな経験の後、出した、自分なりの結論だったりするんですけど。

それより、もし・・・って考えなくて良いように、今、ここでやれることややっておく。
あの時は、あの時で、精いっぱいだったよな~と振り返られるように
しておきたいな~と思ったりします。

というわけで、「もう少し、ましな表現なかったのかな」と、自分で自分の翻訳の
日本語にダメ出しを出し続けた一日も、精いっぱいな一日でした!

CIMG4400
CIMG4400 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |