2015.04/11(Sat)

【だんな様は霊能力者】 あるがままに、生きる 

我儘、って、ネガティブな意味で使われることが多いですが、
「あるがまま」「ありのまま」
ん~、はやりましたね!このタイトルの入った映画。

映画に出てきた二人の姉妹が、ただの「わがまま」なのかどうかは
置いといて・・・(笑)

「ただの我儘」と「あるがまま」
周りにいる人たちからすると、振り回され感、満載で、
う~迷惑~ぅ~と感じる人も多いでしょう(あはは)

同じように見えて、圧倒的に違うもの。
ただの我儘には、ポリシーがないって感じかなぁ?
あるがままには、こだわりが、満載。
自分らしさを大事にすると、時には、ただの我儘と取られることもあるでしょう。
ですから、自分らしさを保とうとするとき、周りと「闘って」もそれを保つ、
という努力みたいなものが必要だったり・・・などなど考えてみたり。

何よりの違いは、自分のあるがまま、と、相手のあるがまま
をどれだけ受け入れられるか、という部分なのかもしれませんね。
自分の心地良さだけを優先して、それに合わせなさいよ!じゃあ、
相手の感情も逆なでされたまま。

はたまた、誰かの「わがまま」「あるがまま」を許せないときには、
その程度ってのは、確かにありますが、
我慢している自分、がその裏に潜んでいることも大きいです。
「私はこんなに我慢しているのに~~~ぃ」って感じ(笑)
こんな場合、意外と、ひっそり我慢していることが多く、
自分の自分らしさを犠牲にして、我慢しているんだから
その我慢をどこかで人に認めて欲しい・・・という気持ちがあると、
さらに、誰かの我儘が気になったりします。

いいよ、いいよ、と、自分で言っておきながら、心で我慢。
あまりに我慢して、表面平静なので、
誰も、あなたが我慢していると気が付かないってパターン。

相手から言わせれば、「え!そんなに嫌なら言ってくれればいいのに」
ってことで、おしまい!

だから・・・自分の気持ちは、自分らしくを大事にしておくってのも大事で、
「あるがままに生きる」って一言の中には、まさにいろんな要素が詰まっていて、
自分で「嫌」な思いをしないと、自分のありのままじゃなかったことに
気が付かない場合もあったりして、複雑~~~(って自分の心が・・・です)

だから・・・自分の心地よさには妥協しない。

と、だんな様。
その姿勢の中で観える、自分らしさ。
それこそ、自分で追求していくしかないようですね・・・。

同じように見えて、圧倒的な違いのあるもの。
それは、時間が経たないと、「はっきり」違いが見えてこないものだったりしますが、
この「違い」も、じっくり観察中・・・ってところでしょうか。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:23 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |