2015.04/24(Fri)

【だんな様は霊能力者】 動機 モチベーション 

常に高い意識を持てたらステキ!ですが、

ヨシ!この運動が終ったらアイスを食べるぞ~
とかいう、どうでも良いような小さなモチベーションあげから、

ヨシ!頑張ってこの仕事が終ったらお洋服を買う!とか。

頑張って仕事して、これとあれを手に入れるとか、

頑張って、ああして、こうして、こうなりたいとか。

動機付けは、入り口としては、不純なものまで含めて(爆笑)あり!
だと思っています。

人から認められたい、ほめられたい、これも、立派な動機。

それに、アイスを食べながら頑張る!なんて、細かい自分へのご褒美、
これも、あってよし!

でも、自分にとって、とても大事な何かを成し遂げようとするとき、
最初の動機付けは何であれ、やがて、その動機なんてどうでもよくなる。
そんな段階がやってきます。
(もちろん、それまで続けていれば、の話ですが)

じゃあ、何で続けているの?と聞かれれば、
続けることしか頭にないし、
続けることが当たり前で、
続けていないと、気持ちが悪い。

ず~~っと、続けることの中で、あ!というひらめきが産まれます。
それをスピ系では、インスピレーション、と呼びます。
ペーパーワークという地味~~な、ひたすら続ける作業の中にも、
ひらめきは沢山含まれていて、作品が仕上がる云々、ではなく、
全く違う、人生哲学!みたいなものが、ふと空っぽになった頭の中に
降りてくることがあったりします。

それに、どうにかして・・・と工夫を重ねていると、
意外と、とってもシンプルな解決策があって、
あらら、自分で勝手に、これは難しいと思い込んでいた・・・
とか、
次は簡単・・・・って、あれれ?、難しいや。
と見かけと、実際がかけはなれていたりすることもあって、
心の中で思うこと、の、確実性と、不確実性を如実に実感します。

こんな風に感じる、こうじゃないかな、こう感じる。
心の中に浮かぶ感覚というのは、
ある意味、とっても、バラエティーに富んでいて、
誰かにとっては、現実であり、
けれども、違う方向から見れば、映画のセットのように、
全く見かけだけ、って場合も少なくありません(涙)

「モチベーションと、インスピレーションは、まったく違う波動を持つ」

これまた、引き寄せの法則のエイブラハムの言葉ですが、
同じように心に浮かぶ、アイディアであり、
自分では区別がつきにくく、インスピレーションが浮かんだ!
と思っていても、それには自分のモチベーションや思いが、
べたべたくっついて、自分の都合で解釈してしまったりってこともあります。

さて、さて、この違いを、きちんと見分けるには?
それは、それを見分けるためのものを、ずっと続けることの中で身についていきます。

自分にとって、どんなにリアルでも(霊感で感じることって、そう)
それが本当に現実としてあるのかどうか。
その区別がはっきりつくようになると、前者は「妄想」とわかり、
後者は「ビジョン」となる・・・これでも、まだ現実には降りてきてませんが。

そして、ビジョンは、行動に移すことで、現実まで降りてくる。

・・・そんな、こんなしている間に、最初のころ自分を駆り立てていたモチベーションは、
すっかり、昇華してしまって、なぜ始めたのか、思い出すことさえなくなります(笑)

モチベーションは、燃え尽きる
インスピレーションは、一生、燃え尽きることなどなく、燃え盛る。
(By エイブラハム)

ん、この区別、分かりやすい!

CIMG4901
CIMG4901 posted by (C)kumisensei
ああ!私の夕日の写真を撮るモチベ、何だったか忘れましたが、
写真を撮り続けているのが、インスピレーションかどうかは、まだ未定(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |