2015.05/01(Fri)

【だんな様は霊能力者】 幸せと不幸せ 

幸せも不幸せも自分の心が作り出しているもの。

確かに、どうみても、ハッピーとは思えない時というのもありますが、
十分、ハッピーだと周りから思えても、本人はそれに気が付いてない、
目の前に見えないものばかりが気になってしまうって心の状態の時もあります。

とはいえ、その目の前にないと思い込んでいることのために
努力ができたり、ステップアップしようとしたり。
新たな展開が望めるのも、そんな時。

しあわせ~な、心の状態の時に、がつがつ、次の努力をしようという気には
なかなかならないものですものね。

望むもの、といっても、
計算して、これが必要(頭で考える)
これがないとだめ~という枯渇感やコンプレックス(心で感じる)
いくら、物質的に満たされても、追い求めたくなるもの(魂の欲求)

それぞれ違いますから、どの声をおもに聞いているかで、
自分の望みもそれぞれ、ってことにもなるんでしょう。
とはいえ、どの部分で思う望みが上とか下とか、
そんな話でもありません。

ただ、頭で計算することには、必ずといっていいほど、
取りこぼしがあって、こんなはずじゃなかったはつきもの。
心んは移ろいやすく、ある時点で満たされた!と思っても、
次の満たすべきものを、わざわざ探すようなところがあるし(笑)
魂の欲求どおりに生きていたら、わざわざ、体を持っている意味がないほど、

これに、他人の評価まで気にして、加えてしまえば、
あ~~ら、ごちゃごちゃし過ぎで、よ~~分からん状態の出来上がり~~♪

ま、そのカオス状態も、心が満足したハッピーな状態も、
ん~、計算通り!と思うような時も、そう感じてこそ、
ちょっと違う??とか、これだ!とか、
自分で、自分の望みが確認できたりしますから、
無駄な経験はないのでしょうね。

心と、頭を休めて、時には、ちょっと立ち止まって、
しぜ~~んに、バランスの取れる地点を探してみる。
静かな時間が、その地点を探す手助けになったりします。

必死過ぎると、いくら頑張っても、気がつくと、
全く違う場所に向かっていたりすることは、よくあることですもの。

CIMG5011
CIMG5011 posted by (C)kumisensei
そんな時間を持つためにも、一日の終わりが繰り返される。
実によくできてます。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |