2015.05/08(Fri)

【だんな様は霊能力者】 濃い濃いな連休 

この連休中、だんな様のもとには、特別先祖供養の依頼がいくつか。

お仕事と言うのは、そういうものですが、見えている部分は、
全体のホンの少し。

ご依頼をお受けした直後から、お仕事は始まっていて、
「前被り(まえかぶり)」と呼んでいますが、
これから供養する予定の方々の思いが、飛んできます。
関係ない霊なら、すっ飛ばせばいいだけですが、
それは、受けたお仕事・・・というわけで、
最終判断(どう供養を進めるか)は、現場で決めるにしても、
その前段階、というのは、いつも体力勝負。

とはいえ、だんな様もブログに書いていましたが、お弟子さんたちが
助法をしてくれたおかげで、すんなり終わりました。

いつも力が付くのは現場だ~と、だんな様が言っていますし、
仕事の場、というのは、いつも自分にとっての学びでもあるので。
そんな数をこなす間に、だんな様のお弟子さんたちも、
色々な手法を学び、どんどん力が付いてきた!

それに、一人ひとりの特徴というか、得意技がはっきりしてきました。

自分のお仕事や、助法、の中で学びつつ、
自分自身の浄化や課題に向き合って、
これだけ頑張っていれば、そりゃあ、力もつくでしょう。

ビデオで、空手の試合を観たり、オーディション番組を観ていて、
ああ、本番中にどんどん進化している・・・
そう、現場で学んで、その場で実行する。
それが、進化の神髄なのかもしれませんね。

そういえば、むか~~し、教師だったころ、
公開授業ってのにどうしても抵抗があって、
ずっと前から、準備して(実際に、そんなに長く授業の準備をするのは無理)
生徒も含めて、こうしたら、こうするってのが決まっていて、
素晴らしい授業なんだけど、なんだか・・・違う・・・。
自分が授業するのも、公開授業を見ても、
なんとなく不自然な感じがしていたことを思い出しました。

ある程度、決まったことがあっても、最終的な一手は現場で!
いや~実は、まったく関係ないようですが、ホグワーツ城の
ペーパーワークも全く同じ。
シートがあって、どこを切って、どこを貼るのかも決まっている。
けれど、実際に切って貼る場面になると、糊が思うようにつかなかったり、
わずかなずれが、大きく響いたり。

今日も、予想しないところで、結構くろうしたりして(あはは)

CIMG5043
CIMG5043 posted by (C)kumisensei

屋根を張るのも思わぬ苦労しました・・・。

https://instagram.com/p/2Y4sZlFOCy/?taken-by=kumisensei


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |