2015.06/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 観光とお参り 

お寺や神社などなど、神聖な場所に旅をするのに、
お参り、と、観光、同じようで違うことがたくさんあります。

お参りに行くとなると、行くと決めた時から、修行(笑)
だんな様のお弟子さん、お参りのプロ、ともいえる彼女は、
持って行くお菓子選びから始まり、洋服を新調するそうで。

・・・そうですよね・・・昔は、そうやってどこかにお参りに行く、となると、
きっとそんな風に準備しながら、心の準備も同時に始めていたはず。

今でこそ、交通機関を使って、ちゃちゃ、っと行けるようになりましたが、
お参りとなると、まさに命懸けだった頃もあったわけで。

とはいえ、お参りの旅行は、いつも行きがけ、とても遠く感じます。
まるで、「ここまでくる覚悟があるかどうか」を試されている感じです。

ですから、お参りに行くのに、何かのついでに立ち寄ったりしても、
観光と同じになってしまいがちですし、何しろ心の世界の話ですから、
いつも、自分の心の中の覚悟を覗かれていると思っていた方がいいでしょう。

一方、例えば不幸があった年には、神社へのお参りは差し控えた方が良い、
などと言われますが、これまた、絶対ダメというわけでもなく、
正式なお参り、は、別の機会に、一つの観光として訪れるのであれば、
問題はないそうです。

きちんとしたお参りをすれば、それだけのものを受け取ることができる。
受け取ることを目的に行っても、そうはいかないのが難しいところですが、
純粋な心で、ただお会いしに行く、という気持ちを持ってたどり着く間に、
修行はどうやら終了するようです。

ですから、帰り道はとても近く感じます。

今回の高野山への旅は、お参りと、もう一つ大事なミッションがあって、
なかなかな修行でした(苦笑)
でも、同時に、さらにさらに、高野山を身近に感じることができました。
・・・というか、奥の院でご挨拶をしていたら、あらら・・・
これからも、結構、通うことになるわ・・・と理屈なく感じました。
ので、たぶん、そうなるでしょう。
呼ばれたら、行くしかありませんしね(笑)

お寺や神社、さらには聖域と呼ばれる場所。
そこに聖域があるわけではないことは、色々なところにお参りして感じることです。
自分の心の中にある聖域とシンクロさせることのできる、タイミングと心の持ち方。
それが、確かに、聖域とのつながりを感じさせてくれるお参りでは大事なこと。

わたし自身はさほど作法なんて、どうでもいい~~と思っている方ですが、
それでも、せっかく行くのですから、そのあたりは、相手に合わせて、
しっかり最大限の「行って良かった~」という気持ちになるよう、
準備万端を心がけています。

CIMG5491.jpg

今回の奥の院からの参道、いつもは空気が重かったりしますが、
今回はそんなこともなく、楽しく歩いて帰ってきました。
途中、有名な方々のお墓がありますが、これまた、自分と関係がないのに、
むやみに拝んだりしないように、お気をつけくださいね。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:13 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |