2015.06/27(Sat)

【だんな様は霊能力者】 少年陰陽師 

ハリーポッターのホグワーツ城を完成させたことにした私が、
次にはまっているのは、「少年陰陽師」

え?再び?

と言われそうですが(笑)
アニメになっているのは、26話まで。
ネットで探すと、観ることができます。

そして、今読み進めているのは、原作のライトノベル。
あの26話で一応、完結した話の続きです。

陰陽師が活躍していた時代・・・なんて、想像もつかないのですが、
作者さんのあとがきとかを読むと、大変そう~~というのが伝わってきます。
そして、そして、必ずと言ってよいほど、現地に出向いて取材をされていることも。
今日、読んだ本では『出雲』が舞台で話が繰り広げられていたのですが、
作品を書く時間もともかく、出雲まで出向き、それも自転車で、
その場所まで、それもかなりこわ~いところにたった一人で行った話など、
読んでいると、「執筆」以外の苦労って、目に見えにくいんだよな~とか。

ああ、そう、そう。肝心の「少年陰陽師」の中身ですが、
まあ、いろいろな読み方はあると思いますが、
なんというか「目に見えないもの」「心の世界」「神との付き合い方」が
よくわかります。

陰陽師が活躍していた時代、「目に見えないもの」やことが
もっといつも身近にあったんだな~と、想像してみます。
そして、人間の心は、それからあんまり進歩してないみたい(苦笑)
まるで、舞台が変わっただけで、登場人物は衣装を変えて登場!
小道具や背景は変えた・・・それが現代って感じです。

でも、そうか・・・人の心がこう「形」を取るのね~とか、
神様ってこういう存在なのね~~とか、
改めて違う角度から、復習、というか、学び中。

まだまだ先があるので、しばらくは、少年陰陽師にはまる日々が続きそうです。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |