2015.08/21(Fri)

【だんな様は霊能力者】 乗り越えて身に付くもの 

ここでのイベントを終えちょうど一か月。
物事の意味、というのは、その時、その時、自分で感じているつもりで、
実際のところ、その意味はその後が作り出しているものかも?
と、思ったりします。

例えば、あることが起こったとして、人はそれをその時の自分の都合で、
良いことが起こった、とか、悪いことが起こった、とか、判断しようとします。

「こんなことがあったのですが、これは良いことでしょうか?
それとも悪いことでしょうか?」
な~んて質問、だんな様のもとには来ることがありますが、
それを「良く」するも「悪く」するも、その後の自分のとらえ方次第だな~と、
色々な試練を乗り越えた人たちの姿を見て思うこと。

様々な試練を必死で乗り越えようとしている人を見て、
どうしてあんなに辛いことを頑張っているんだろう?
な~んて、思ったりする人もいるかもしれませんが、
その後、その試練を乗り越えた人の姿、だけが、その意味を示してくれます。

試練を受けなくても、あのくらい・・・と、客観的には思えることも、
実際に体験した人自身と、それを側で見ているだけで得るものは、
ある程度は、想像できても、雲泥の差があるだろうな・・・とも。
感覚が鋭いと、まるでそれを自分が体験したかのような感覚を
受け取ることがあるので、それなりに、感じるものはあるでしょうが、
やっぱり、実際に、体験したのとの違いは明らか。

スピリチュアルな感覚は、とても役に立つこともありますが、
「ど~せ、このぐらいだろう」と感じたことが、ドンと響いたり、
「これは大変だ~~」と感じたことが、意外とすんなり進んだり。

感覚も
頭で計算したことも
事実と等身大ではない、
ということなんでしょうね。

だからこそ、感覚が広がるのを時に邪魔する思考を停止して、
無限に感覚を広げて感じる、受け取る。
そして、それが本物かどうか、その検証を繰り返し、繰り返し。

え?どうやったら、その検証ができるかって?
それこそ、だんな様との雑談の中にはそれがたくさん詰まっているのです。
一回限りのミラクルは、偶然でしかなく
二回目のミラクルは、何かの啓示、
三回目、四回目には、ミラクルの核となるものをつかみ取る。
それこそ、何度も何度も、検証していくプロセスが大事ですものね。
目に見えないものを、目に見える現象からつかみ取るとは、
なんとも、根気のいる作業ですが、それこそ、ある段階に来て、
ある段階を乗り越えた人たちには、腑に落ちた感覚とともに、
目に見えないものが理解できているオーラが、自覚がなくとも
身についていくものだと感じます。

進化するプロセスに、終わりは・・・なさそうですね(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |