2015.09/01(Tue)

【だんな様は霊能力者】 偶然の出会い、必然の出会い 

びっくりしました。
美容院から出たら、仕事中のN先輩に声をかけていただきました。
最近は、忙しくて、あまりお目にかからないのですが、
道場の黒帯の先輩です。

この方とは、意外なところで出会います。
ある場所を歩いていたら、向こうが先にだんな様と私に気が付き、
だんな様にあいさつしようとして、慌てて立ち上がり、
テーブルの上のコーヒーの入ったグラスが粉々に・・・ってことがありました。

近くのスーパーに買い物に行った時にも、同じ道場のもう一人の先輩が
偶然にも働いていらっしゃる時に出会いました。

これだけ沢山の人がいる東京の街の中でも、
出会う時には、出会うんですね。
不思議です。

でも、よくよく考えてみれば、自分の周りにいる人すべて、
不思議な縁で出会い、時に別れ、時に再会し、を繰り返しながら
生きているわけで。
時に、そんな付き合いがめんどくさいなと思ったり、
時に、一人でも大丈夫と思えたり。

本当に縁のある人とは、自分がどう変わろうが縁がつながるもの。

友達や親しい人は大事なものですが、
時期によっては、人間関係がまるで「整理」されるように、
ガラッと変わったように思える時があります。
それにはいろんな理由があると思いますし、
慣れた人間関係が変わる際には寂しさも感じるものですが、
中学校から高校に進めば、周りにいる友達が変わる・・・のと同じ。

次の環境で、また心を通わせる人たちが待ち受けているのですから。

中学の時は、中学の時は、と繰り返していては、
新たな友達もできにくくなるばかりでしょう。
とはいえ、ガラッと変わる環境に自分が慣れるまでには、
しばし、時間がかかったり、心がきちんと整理できなかったり。
ちょっと無理して、相手に合わせようとしてみても、
やがては、やっぱり切れるものは、切れてしまいます。

不思議なもので、「一人でも大丈夫」と思えた時に、
「あなた」という一人を大事に思ってくれる人との出会いがあったりするもの。

類は類を呼ぶというのは、逆の意味でも正しく、
自分の周りにいる人間は、今現在の「あなた」を現してもいるんです。
・・・と、うっかり自分でもこのことを忘れそうになる時はよくあります(苦笑)
なので、思い出すのも含めて・・・。

怖がらずに、先に進むことにしましょう。
次には次の世界が広がっているはずですものね。
偶然と思えるのは、自分の方の心の準備ができていないだけなのかもしれません。
準備ができた心では、それは必然に思えるかも・・・。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:12 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |