2015.09/04(Fri)

【だんな様は霊能力者】 驚いた 

ツイッターを見ていたら、亡くなったはずのウェイン・ダイアー博士のツイートが!
と、普通にびっくりしてしまった私(苦笑)
考えてみれば、博士ほどの人、代わりにツイートしてくれる人がいないはずもなく、
亡くなったことを惜しむメッセージなどが、facebook上に溢れています。

ヘイハウス社ではウェイン・ダイアー博士の本を特別価格で提供したり、
代表作のひとつ映画『ザ・シフト』を無料で見られるようです。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153661768701030

残念ながら、英語版ですが、比較的ゆっくりとした英語なので、
英語の勉強を兼ねて、トライしてみるのも良いかもしれません。

ありがたいことに、この「ザ・シフト」の書籍版の翻訳を担当させてもらいましたが、
映画とまったく同じではなく、そのエッセンスが詰まっています。
ですのでお勧めは、まずはビデオを観て、メッセージをもう一度、本でカクニン、
ってのがいいかも。





人生には「シフト」をする時期がある。
というのがメインのメッセージなのですが、
それまでの人生をすっかり「シフト」させなくてはならない出来事が起こる。
そうと気づかせてくれる出来事が、たとえショッキングなことであったりしても、
自分の人生にとっては大事な気づき、方向転換をもたらしてくれる。

「こうしたい」「こうなりたい」という自分の気持ちって、
意外といい加減だったり、自分でも本当の自分の気持ちに
気が付いていなかったりするもの。

方向転換を迫られるほどのショッキングな出来事は、
ともすれば、トラウマにさえなりそうなことにもなりかねないですが、
見方や、考え方を変えれば、新たな自分に生まれ変わるチャンスともなる。

それにちゃんと気が付きなさい、と言わんばかりなミラクルが、
続けて起こること、ってあります、あります。

だけど、親切にも(笑)、気が付きなさいというメッセージを受け取れずに
ミラクルを享受していると、いつしかミラクルは普通になり、
ミラクルが起こらないときに、イライラする・・・
人生なんて思い通りにいかないもの!と思ったり(笑)

はたまた、例えば、お金持ちになりたいと思ったとしても、
お金におぼれた人の話とか耳にしたりして、
せっかく手にしたお金を前に、悪いことが起こるのでは?
と、幸せになりたいと思って手にした「もの」で、
逆に「不安」になったりする・・・なんて、矛盾だらけな自分の望み(あはは)

そ~~んなシフトの時期にある人には、
しっかり心に届く映画、本だと思います。

名声・地位・お金
ある意味、世の中で幸せになるのに必要とされているもの、
すべてを手にした博士だからこそ語れる、自分の望みに
真剣に取り組んだ姿は参考になるものだと思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  04:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |