2015.09/07(Mon)

【だんな様は霊能力者】 自分の宿題 

伝授の中で気が付くことですが、それぞれ異なるカリキュラムで
進んでいる(あるいは、試されている)はずなのに、
トピックは同じだったりします。

そんな時、同じトピックの課題に取り組む仲間の姿は、
とても参考になるものです。
同時に、人のことなら、「な~んだ、そんなこと」と思えるのに、
実際に同じことが自分に起こると、
「そんなこと、を、そんなこと、と簡単に思えない」(笑)

これもまた、気付きのひとつです。

人の相談に乗っているだんな様の側で話を聞いていると、
そりゃあ~難しい話だ・・・と思うことも
え?そんなこと、悩むんだ・・・と思うことも
両方ありますが、本人にしてみれば、「悩むほどのこと」。

そして、それが「悩むほどのこと」ではないという気付きをもたらす、
あるいは、他にもいろんな方法がある、という選択肢を見つけ出す。
それもだんな様のお仕事のひとつ。

とはいえ、自分に降りかかった宿題。
こうすれば良いと分かっていても、どこからくる恐怖感なのか、
変化が恐ろしいとか、やっぱりできないとか、
恐ろしく難しいことのように感じるとか。
人は、それぞれ自分の人生の中で、ある事実や問題を
いかようにも複雑に、いかようにも難しく、
こねくり回すこともできる。

で、アドバイスした方からすると、「明らか」でも、
その「明らか」を選ぶか、選ばないかは、本人の選択次第でもあるし、
その選択、どっちを選ぶのが正解か・・・・に心を奪われそうにもなりますが、
問われているのは、右か左か、ではなく、
右を選ぶ、左を選ぶ、心の中の決断力だったりします。

右に行っても、左に行っても、良いことも、意外なことも、
こんなはずじゃなかったことも、起こるものです。
ただ、選択したときの姿勢が、その後のその人の人生を
形作っていくのは、確かな事実。

そう、そう、今、はまっている「晴明の孫」の中でも、
主人公の晴明の孫も、12神将も、間違えたかも?という選択を
することがあります。
ある場面、ある場面で、それはある意味仕方のない決断。
その決断で起こした行動の後にやがて訪れることをも
すべて引き受ける覚悟で、侵さざるを得ない状況に
いつも、いつも、追い込まれてしまう・・・。

自分の心の中にある、いわゆる「本心」に従って、
選択しつづけるのは、思いのほか大変。
何より、本当にこれでいいのだろうか・・・という自分の迷いとの闘い。

人の宿題は簡単そうに見えますが、
簡単そうに見える宿題ほど、実際は、難しかったり。
覚悟が決まっていないと、本心と建前の間で揺らいだり。
ま、それも含めて、自分の人生の選択ですから。
人の人生の選択には責任は持てなくとも、
自分の人生の選択には、責任を持つ、ってのだけは意識しておきたいと思います。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:06 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |