2015.09/15(Tue)

【だんな様は霊能力者】 文章力、表現力 そして何より下調べ 

あいかわらず、はまっております、「少年陰陽師」
舞台は、「伊勢」そして「播磨」へ。

もうすぐ、伊勢詣りの予定もあり、地図でカクニンしつつ、
へ~、海で禊って、この場所なんだ~などなど。
国を護る役目を持った姫は、毎日、毎日、禊の日々。
ま~旅行で行ったときに、海で禊ってのもあり?
な~んて話も出ていて、それこそ1日ぐらいやっただけでは、
比較にならないでしょうけど、やらないよりずっとマシ?
などなど、一人で妄想しております。

同じ、文章を書く仕事をしているものからすれば、
本当に表現力には脱帽。
読んでいるだけで、風景も浮かべば、気温も感じる・・・。
まだまだ、先は続くので安心して、はまっております(笑)

今日読んだところは、主人公「昌浩」が、伊勢と都で起こる事件が
やっと解決した後、自分が不得意と避けていたことで、
自分の力不足を感じて、播磨の国(現在の兵庫県あたり)で修行に
いそしむ・・・つまり、術者は、術だけでなく体術(体力)も必要と、
実感して、鍛えまくる2~3年ほどの話。
そして問題になってくるのは・・・「少年」って何歳ぐらいまで?
ということらしく(笑)

そ~言われれば、そう。
ストーリーはこれからも、ずっと素晴らしい表現力とともに紬ぎ出されて
行くのでしょうけど(期待もしてますが)、それが進むにつれて、
タイトルが問題になるとは!
帳尻を合わせるのは、なかなか難しい(笑)

これから先、どんなタイトルになっていくのかとか、色々あるのでしょうけど、
「少年陰陽師」、まだ続いているそうで、これからも続けて欲しいな~と、
思っているのは、私だけではないと思います。

あ、もう一つ、この前の「言霊」の続きですが、
陰陽師の術、言葉、つまり「音」にしないと、
術の効力が極端に落ちるそうです。
毎日の行をなさっている方(私も含めて)
小声でもいいので、声にする、っての、心がけてみましょう!

CIMG6796
CIMG6796 posted by (C)kumisensei
お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:08 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |