2015.10/06(Tue)

【だんな様は霊能力者】 祈りと依頼心 

純粋に「祈る」って意外と難しい。
どこかで「依頼心」ってのがあったりすると、
祈り、ではなく、お願いことになったり・・・。

もちろん、祈る対象にお願いごとをしてはいけない、
ってことではないのでしょうけど、
お願いこと、の中には、現実的に自分がやらなくてはならない部分が、
ちゃあ~~んとあるはずで。
そこまで含めて、「祈る」ことで、通り過ぎようとしてしまうって部分
(あ~耳が痛い・苦笑)、ありますよね~。

逆に、お願いごと、と分かりながらも、祈るしかないこと、
そんなこともあります、あります。

何を祈って
何を現実的にこなしていくか
そのバランスはいつも、難しい。

祈って、半ば強引に事を動かす力もうらやましですが、
特に「何か」を介在させて動かした事柄は、
辻褄合わせの反動が必要。
うまく行く場合があればあるほど、その反動のことをすっかり忘れて、
強引さが増して行っていることが自分ではわかりにくくなるという。

何かに頼る気持ちで始めた祈りが、
次第に「昇華」されて行くのが理想なんでしょうけど、
何も起こらないという平穏な毎日がすでに
祈りが通じた今だという意識を持ち続けるのは、
意外と、難しいもので・・・(汗)

お参りしたり、祈ったり、ご挨拶したり。
しかるべきところへのそうした行為は、
さらなる意識の昇華を求められる・・・。
じゃないと、自分の祈りが通ったとか、通らなかったとか、
思い通りにならないから、祈り続けるとか、もっとご利益のあるところを探そうとか、
御利益がないから、やめちゃうとか、
そんなことにもなりかねませんものね~。

祈り方、そして自分がやるべきこと、流してしまうこと
奥は深いです・・・

だんな様は霊能力者

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  03:31 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |