2015.10/11(Sun)

【だんな様は霊能力者】 読破! 

先日の「少年陰陽師」に続き、「小野篁」を主人子にした物語も読破!
いや~、面白かった。
作品として出来上がるまでに、なんと!7年かかったとあとがきにありました。
というか、7年前には出来上がっていた構想が、形になるまでと考えると、
10年単位のお仕事だったりするんですね~~~。

あとがきに書かれていたこと、もう一つ。
歴史上に名の残る方々、活躍した方々のことを書く前に、
その方々のお墓にお参りに行ってから・・・書くことを学んだという本作品。
酷い体調不良に悩まされつつ、筆を進め、
酷い体調不良の中、たった30分の奈良滞在でお墓参りをして、
それから、極端な体調不良がピタっと止んだそうで。

これだけの作品、それも詳細に描くとなると、
下調べにかなり時間がかかっただけでなく、
目に見えない思いの世界の話ゆえ・・・ということ、
当然ながらあるのでしょう。
それに、ライトノベルに描くイラストも、その時代の装飾品などを
できるだけ忠実に再現するという工夫。

そうなると、これまた、絵が描ける、というのは、
全体のお仕事の何分の1かの才能。
後は、どれだけ、ちゃあ~~んと調べて、
どれだけちゃあ~~んと表現できるか、
と、読んでる側、見ている側からは想像が付きにくい部分。

かくいう、私が関わっている「翻訳本」も、ただ面白い内容、
興味深い内容、というだけでは、出版には至りません。
実になが~~い、そして、想像しにくい作業が含まれ、
なおかつ、翻訳ということになると、思想や宗教、習慣が異なっても、
日本の読者に受け入れられる可能性のある接点を探る・・・ということに。
そのあたりは、編集者さんの力に寄ることろも大きく、
それこそ。「行ける」という感覚のようなものをお持ちの
編集者さんを見ながら、す、すごい!としか言いようがありません(笑)

それこそ、だんな様のいう「匂い」みたいなものを嗅ぎ付ける感覚なんでしょうね。
私には、被りの匂いも、霊障も、匂いは感じられるものの、
いまだ区別はつきにくく・・・。
それこそ、なんか、に、においがする~~~レベルでとどまっています。
(←実際に、匂っている匂いじゃないらしい・・・)


昨年の誕生日にいただいたアンスリューム、まだまだ頑張ってます!

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:27 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |