2015.11/07(Sat)

【だんな様は霊能力者】 参拝旅行の後 

昨日は、参拝旅行の後、みんなが思い出した思いの波が
ある時間になると、どっと押し寄せてくる話を書きましたが、
それもそのはず、ただの旅行と違って、神社への参拝旅行は、
きちんと目的が果たされると、きちんと禊がかかる。

本当にスッキリ、というのは、良いのですが、
これが、なかなか、日常に戻った時に辛かったりします(涙)

日常には、神社の空気の中にはない、音や匂いが溢れています。
禊がかかって、スッキリした分、とても感覚が鋭くなっているので、
今まで平気だった、音、や、匂いが、妙に堪えたりして(苦笑)

「里の行」
と言われる所以。

神社や仏閣に訪れた時に、その空気に浸って、
その空気をまとうのは、とても素敵なこと。
けれども、日常に戻った時ほど、その「参拝」の意味が試されるのですものね。

当然ですが、静かな場所で静かな気持ちになるのは、比較的、スムーズに。
喧騒の中で、神殿の前に立った時の気持ちを持ち続けるのは、至難の業。

それでも、参拝に行くというのは、いつでもどこに居ても、
平常心を持ち続けるようになれる、というのも大きな目標のひとつだったりしますから、
まさに、参拝旅行に参加された方がたは、この数日、
形を変えた「里の行」の真っ最中・・・ということになるんでしょう。

私個人の感想でいえば、あ~~ら、気が付かないうちに、
なんともはや必要のないものをしょい込んでしまっていたことか・・・。
お参りに行く、となると、お願いごとを・・・な~~んて連想、しがち。
でもね・・・これが、あれが、必要です・・・などなど、お願いする前に、
不必要なものを捨てることがいかに大事か、
それこそ感覚的ですがしっかり感じています。

こんな例え方したら・・ですが、ああ、あの服がもうないと、買い求め
引き出しを開けたら、同じようなものが数枚、袖も通さないまま、
箪笥の肥やしになっていた・・・みたいな。
お願いごとは、よ~~く、整理してから、って、大事です。
そもそも、整理すれば、お願いごとそのもの必要なし、
すでに自分の手の中にあるわ・・・という発見も。

そんな、こんな、発見も、気付きも、心や頭の整理ができてこそのこと。
参加された人達にとっても、まっさらな気持ちで、参拝することだけに集中できた・・・
そんな旅だったんじゃないかな・・・と、復習しております。

CIMG7267
澄んだ空気の中では意外と、オーブなど写りこみにくいもの。
これは、外宮で撮った一枚です。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  05:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |