2015.11/21(Sat)

【だんな様は霊能力者】 臨死体験と記憶 

いや~、ここの所、臨死体験の本、続けざまに3冊読んでいますが、
いずれも、あの世の記憶がクリアーなこと、クリアーなこと。
驚かされます。
もちろん記憶が鮮明に残るほどの経験だからこそ、
この世に戻ってきた・・・ともいえるんでしょうけど。

どちらにしても、この世に戻ってきて、分厚い本が書けるほどの
記憶が残っている人は、自分の人生のミッションを携えての帰還。
きちんと思い出すこともその中に含まれてはいるのでしょうけど、
それこそ、「死んでしまいそうな」ほどの経験をして、
この世で生きる意味がはっきりわかったってことなんでしょうね。

毎日、毎日、同じような日々を過ごしていると、
そんな「最後の日」が自分にやって来るなど、考えもせずに、
通り過ぎてしまっていますが、やがては誰もが経験すること。

そのプロセスや訪れる先は、人によって異なるようですが、
少なくとも、私が読んでいる3冊に関して言えば、
「死は恐れるべきものではない」
「死んだら終わり、ってことではない」
という、これまで繰り返し教えられてきたこととは、
異なる「あの世」がどうやら存在しているようです。

心の世界の法則は、この3次元の世界の法則とは、
まったく異なっていて当然ですが、3次元でしっかり生きないと、
その次に行っても、結局は・・・同じような日々を過ごしてしまうのかも。
少なくとも体はないので、もっと自由に生きられるはずが、
思いを残してしまうと、3次元の中に閉じ込められたままってことに。

自分の心のエネルギーが大きい人は、
逆に言えば、3次元では通用しないことにも、
なんで!どうして!と、感情が爆発的に湧いてしまいがちですよね。
訓練して、その心のエネルギーの方向転換がうまく行かないと、
スピリチュアルな感覚を持っていても、いやだからこそ、
「人間的感覚」をもとにした「3次元」の法則に
自分で自分を縛ってしまうことも。

心を自由に、そのためには3次元でやらなくてはならないことには
感情を乗せないで、淡々と進める訓練は必要かもしれません。
ちゃんと、次の段階に進むためにも。

臨死体験をした人達の話が本当であればあるほど、
自分でも気が付かないぐらいの心のわだかまりを少しずつ、
それもしっかり解放しておかないと、本当の自由は、手に入らなさそうです(苦笑)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  04:50 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |