2015.12/13(Sun)

【だんな様は霊能力者】 小さなことなのか、大きなことなのかの判断 

腕輪念珠の糸は、強力なゴムを使っていますから、
何かない限り、すぐに切れることはあまりありません。
もちろん、1年とか使っていると、それなりに劣化しますが。

ですから、腕輪念珠の糸が切れた・・・ってことで、
修理をさせてもらう場合、ただの劣化ってことも。
その場合は、糸を入れ替え、浄化、パワーを補充して
お返ししています。
石も日々の色々なことを吸って、本人と一緒に働いてくれてこそ、
効果があるので、メンテナンスは大事です。

今日、糸が切れた・・・と、やってきた彼女の念珠は、
わずか2週間前にお渡ししたもの。
糸の切れ方も、ちょっと不自然・・・。
となると、劣化以外の理由も考えられます。
少し、彼女と話をしていて不自然な感じがしたので、
だんな様に診てもらうと、身代わりになっていたらしく、
そうでなければ、怪我でもしていた可能性があったとのこと。

本人、感覚のある人ですから、やっぱり・・・と納得していました。
こんな時、何が・・・と原因をあくまでも探したくなるものですが、
わかったところで、現状に冷静さを取り戻すのが目的なので、
そこができれば、OK。
原因を探るのに必死になりすぎて、小さなトラブルで
せっかく示してもらった、シグナルが、結局は
大きなトラブルに自分でしてしまうこともありますから、気を付けたいところですね。

また、感覚のそれほど鋭くない人にとっては、
糸が切れた原因や、そうでなければ怪我をしたかどうか、
まったくもって、不明。
未然に防ぐ・・・という、お守りの大事な役割も、疑ってしまうと、
本当なのか、そうじゃないのか、ばかりが気になって、
怪我などなく、毎日、楽しく、元気に過ごせるようにつけているはずの
お守りを活かしきれていない感じが・・・(苦笑)
つまりは、お守りも、祈りも、そして今も、
お守りとともに、自分のとらえ方が作り出している世界。
起こった事実は変えられなくても、
起こった事実のとらえ方は、変えることができますもの。

だからこそ、過去の振り返り方、未来のとらえ方が、
今の自分を作っている最中ってときに、大きな影響を与えている、
ってのを忘れてはならないな~~と思います。

いくら、気になっても、過去は過去で終わったこと。
いくら、不安でも、未来はまだ決まっていないのですから。
同じ過去なら、後悔よりも、教訓に
同じ未来なら、不安や予防線ではなく、決まっていないという可能性に。
うまく焦点を合わせていけると、何かがおこっても、
それが自分にとって、大きなこと、なのか、小さなこと、なのかの区別。
少しずつ、付けていけそう・・・。

IMG_0168
IMG_0168 posted by (C)kumisensei
大概のことが起こっても太陽は西に沈みます。
太陽が西に沈まない、トラブル(笑)に比べたら、
おおよそのことは、大したトラブルではないですよね(あはは)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3


スポンサーサイト
EDIT  |  03:25 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |