2015.12/27(Sun)

【だんな様は霊能力者】 人の心を読む 

特別と言っていいかどうかわかりませんが、
人の心というか、考えを読む力。
まあ、ある程度は誰にでも備わってはいるものの、
得意、不得意というのはあるもので。

私の場合、教師時代に鍛えられたというか、
気が付いたというか・・・。
朝、教壇に立つと、ふっと気にかかる生徒がいて、
その子が何を考えているかが、何となくわかる・・・。
でもクリアーにわかるわけでもないので、そこはかまをかけて、
「友達の家に泊まりに行くなら、歯ブラシ忘れないようにね」
ぎょっとした生徒の顔が思い出されます(苦笑)

あなこわ、の取材でいらした漫画家さんは、
ご自分では、霊感は全くない、ゼロ感の持ち主で~~す!
と豪語していらっしゃいますが、先日の取材で出てきた、とある風景。
その場で起こったお話をみんなでしたのですが、
それを「絵」にしたものを今日見せていただきました。
実際にその場に行ったのは、だんな様のお弟子さん詩乃さんなのですが、
「驚きました~~!絵にしてもらった通りの風景でした~~」

と、この漫画家さんの描かれる風景は、まるでその場を
ご本人が見てきたかのように正確・・・というのは、
一度や二度じゃないようです。

「それも、霊感といえば、霊感だよ」
と、だんな様は言いますが、
それこそ、誰かと話をしていて、この前ね・・・な~~んて話をする時、
同じようなことをやっているわけです。
話をする方は、できるだけ伝わるように情景を説明し、
話を聞く方は、その情景を聞きながらできるだけ、
それに近づけようとする・・・で、話を共有できる。

漫画家さんとなると、あるできごとをできるだけ
多くの人がわかりやすいように、描写する「表現者」ですものね。
そう言えば、この前、ある有名な映画監督さんが、
例えば戦争での体験をいろんな人から聞いても、
ビビットに伝わってくる人と、そうでない人がいる。
できるだけ伝わるように伝えることのできる人には、
表現者として伝える義務があると感じている・・・みたいな話をされていました。

きっと、漫画家さんも同じ。
そして、きっと・・・私も同じ。
だって、ここで繰り広げられる、沢山の普通になってしまった、
全然普通じゃない話は、それこそ星の数ほどあり、
それをいつも耳にするチャンスに恵まれているんですものね。
これからも、うまく伝えられるよう・・・頑張ります!


満月はすぎたものの、今日のお月様はとても綺麗でした。
・・・と思って撮った写真のお月様のなんとショボいこと(涙)
表現者としては、失格ですわ・・・。






お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  00:38 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |