2016.01/15(Fri)

【だんな様は霊能力者】 夢の場所 

昨日の伝授で、私が繰り返して見る夢の話をいくつか。

すると、すると、お弟子の詩乃先生が、
「あ、私もそこ、行ったことがあります!」

思い出した夢の話はいくつかありましたが、
彼女も行ったことがある、という場所は・・・

1)大きな大きなホテルのような場所
余りあかるい雰囲気ではなく、とにかく大きなホテルのような場所。
私はそこで、亡くなった父に会い、さて、帰ろうかと思って、父にそう言うと、
「エイプリルフールのイベントで川柳大会をやらなきゃいけなくて、
忙しいから帰れない」と。
じゃあ~~と、私は、たぶん・・・飛行機で帰ってきたような。
まあ、夢ですから整合性がない部分は、ご勘弁~~(笑)
そのホテル、どう考えても暗くて、館内放送で、名前が呼ばれると、
その人がどこかに向かって、歩いて行っているのがわかる。
と、その場所に、行ったことがあるという詩乃先生は、
行ったはいいが、出られなくなったらしく。

・・・だんな様曰く、そのホテルには、普通の出入り口はないそうで・・・。

詩乃先生、うう、帰れない・・・と、思っていたら(←夢の中)
どうにかして、戻ってきたそうで、その「どうにかして」は。
直接本人にお聞きください(笑)

その2 大きな大きな学校
学校の入口から、不思議に交差する階段を通ると、
その先、その先に、教室がいくつも並んでいます。
その教室の大きさは、40人学級というより、もう少し大きくて、
おおよそ80人から100人ぐらい入れるぐらい。
生徒は教科ごとに、教室を移動しますが、
いわゆる異なる「棟」を行き来できるのは、先生ぐらい。
雰囲気的には、競争厳しい新学校って感じ。
・・・と、そこで学んでいた記憶のある詩乃先生。
いや~~すごくストレスフルでした。
理科の実験の準備の手伝いとか大変で、大変で。
それに競争というか、合格しなきゃ、というプレッシャーが半端ない。

「それは・・・天にある学校」(←だんな様)

天でも、上を目指そうとすれば、こうした学校に行くらしく、
またそれぞれの役割ごとに、特訓をして、使者を養成するらしいのです。

え・・・、
まるで、この世の学校とあまり変わらない・・・
と、感じたみなさん、その通り!

「天は地にあるごとく、地は天にあるごとく」
地上は天国のとある場所と、お互いによく、よく、似ているとは、
スピリチュアルな本の中にもよく出てくる言葉。

天が先か、地上が先か、という話になると、
それは・・・天が先なのでしょうけど、
どちらにしても、この範疇で行くと、
どちらかに行けば、この世と同じような日常を送る・・・

あ、ちなみに、学校に行かない人は、この世で学校に行かない人と
同じように、なごやか~~な日々を送っているらしいです。

実は、私、繰り返して見る夢がかなりたくさんあり、
それも、暫くして、先の夢の続き、みたいな夢も見ることがあり、
ずっと記憶に残っていたのですが、
だんな様と、詩乃先生のお蔭で、2つは自分がどこに行っていたかが
わかって・・・スッキリ!

そして、間違っても、この2つの場所に戻ることがないよう、
気を付けようね~と、詩乃先生と語りあったのでした・・・。

と、皆さんの参考になるかどうか、よくわかりませんが、
この2つの夢の話、ん?と思われた方は、
訪れたことがあるのかもしれません・・・・ふふふ・・・・。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  01:09 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |