2016.01/31(Sun)

【だんな様は霊能力者】 奇跡を起こす奥の手 

だんな様は霊能力者」の本の中にも書きましたが、「奇跡を起こす奥の手あり」とは、
ずばり、「無理そうに見えることもできると信じる心」

根拠なく「自分にはできる」と信じて、
根拠のある努力をあきらめずに続ける。

って、奇跡じゃないじゃん!と突っ込まれそうですが、その通り。
どんなに「奇跡」に見えるものでも、よくよく観察すると、
本人にとっては、奇跡でもなんでもないと思えるだけの
積み重ねた努力がその向こう側にあるものです。

どんなに努力をしても、なかなか「奇跡」と呼べるほどの地点まで
達せないこともある・・・そんな声も聞こえてきそうですが、
その努力、客観的に見つめてみましょう。
本当に自分ができると信じて、積み重ねていますか?
積み重ねる中で、積み重ねることが「普通」と思えるようになってますか?
積み重ねていることが、苦痛になってませんか?
積み重ね、という一見、単純なことを楽しむ工夫をしていますか?

中でも結構、シンプルながら難しいのは、
自分にはできると自分を信じる心を持ち続けること。
心の中で、本当は無理なんじゃないかな~というつぶやきがあると、
目的地までの距離は遠くなります。
「できないかもしれない」などというネガティブな言葉を
無意識にでも、口に出してしまうと、ますます目的地は遠ざかります。

意外と多いのです。ネガィブナ言葉を無意識に発していることって。
わたし自身もそんな言葉をなるべく使わないように気を付けているのですが、
自分で「苦手」と思っていることに関して話す時には、
極端にネガティブな表現が多くなっている・・・
当たり前のことのようですが、これが自分の成長を妨げます。
「これって苦手なんですよね」は、まだよい方。
「これは、大嫌い!」
物事に対する好き嫌い、得意不得意はあって当然ですが、
自分が目指しているところに達するまでに必要なことなら、
この際、自分の感情はフラットにして、
「やるべきことは、やるしかない」と心に決める。
でないと、ますます、嫌いなことが嫌いになってしまいますしね。

自分のことを自分で信じるのは、思っているより難しいもの。
ですから、まずはネガティブな言葉を使わないってこと、
意識してみるのも「奥の手」の一つです。

今は得意じゃなくても、続けていればできるようになる!
とか、
できるようになる工夫、開発中です!
とか
同じ苦手なことでも表現の仕方はいくらでもあります。

苦手なことで、自分で自分に対して不安をあおっても、
良いことはひとつもありません。
苦手なことも、自分なりに「楽しめるような」工夫は、
それこそ工夫のしどころです。

あ、これ「苦手かも?」と思うのではなく、
「これ、できるようになるには、どんなこと積み重ねたらいいかしら?」
と工夫してみる。
ずっと、努力を積み重ねると思うのは、これまた心理的負担がありますから、
私の場合、「○○週間」と決めて、それこそ習慣化するまで、
3週間だけ頑張ってみることにしています。
時に、この「○○週間」に、他の人を巻き込んで、一緒に頑張ってみる(笑)

そう言えば、3か月限定の「四股踏み+スパイラルリング」部。
すでに2か月が経過しましたので2月末には解散予定(笑)
正確には、スパイラルリングを手に入れてから、まだ一か月ほど
という方もいらっしゃいますから、そのフォローも含めて、
解散はいつになるやらですが、解散したら困る~~!
大丈夫、次の「奥の手」をみんなでひねり出しましょう。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:49 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |