2016.02/01(Mon)

【だんな様は霊能力者】 妖怪って? 

何やら世の中にはブームがあって、しばらく前に妖怪ウォッチが
流行ったかと思うと、水木しげるさんがお亡くなりになるなど、
妖怪ブームも上がったり、下がったり。

子供のころ、妖怪と遊んでいたというだんな様ですが、
現在は、まったくと言ってよいほど、妖怪には興味がない・・・
したがって、ほとんど目にすることはないようです。
ちなみに、普段、目で見えないものが「視える」のは、相手に興味があるから。
意識していても、意識していなくても、興味がなくなると視えなくなります。

子供のころに遊んでいたという妖怪も、だんな様が学校に行くようになり、
いわゆる日常生活に視線の重きが置かれるようになるにつれ、姿を消した模様。

さて、さて、その「妖怪」の正体ですが・・・
それこそ妖怪にもいろいろな種類がありますが、有名な存在は、
ほとんどが「かつて神」だった存在なのです。
「神」というのは、人から信仰を集めて、「神」という存在を維持しています。
(その範疇に入らない神もいますが)
ですから、人の役に立たない、拝まれなくなったかつての神は、
ある程度の「力」を持ったまま、妖怪としての存在に変わることが多いのです。

奇しくも、出雲大社の近くにお住いの方が、先日お見えになりましたが、
出雲大社に集まる存在は、かつての神だったもの。
そして、現在、主流というか、土地などを治めている現役の神は、
集まる際には、もちろん、伊勢神宮に集結します。

妖怪の中にも人間に親しい存在と、そうでない存在があり、
人間にまったく興味のない存在は、姿を見せることもない、
従って「名前」もありません。
まあ、政治の世界でいえば「野党」のようなものといえばわかりやすいでしょうか。
それでも、与党の座を狙っているかどうかは、これまたそれぞれです。

「いったい、どんな存在を神と人は呼んでいるんだろう?」
そんな疑問を、今でも持ち続けている私ですが、
少なくとも、「神」として祀られているから、必ず、人間に力を貸すわけではない
ということだけは理解できました。

いわゆる現在、主流の神の役割は「世の中」を維持すること。
その目的にそぐうことであれば、きっと力を貸してくれることもあるでしょう。
あなたが願ったり、宣言して行動したことで、世の中のバンランスが保てるならば、
お互いのためになりますものね。
ところが、世の中全体のことなど、あまり興味がないという存在もあり、
仮にお願いごとが叶ったとしても、あなたの生活が成り立たつかどうかなど、
興味がなく、叶った後の流れまでは関与せず・・・といったところでしょう。

ご利益、ご利益と、ご利益で有名なパワースポットを巡るのが
流行りのようになっている節もありますが、
誰に、何をお願いするか、宣言するかは、実はとても気を付けた方がよいと思います。
それに、人の願いはちょっと環境が変われば、コロッと変化するもの。
「あのお願いは取り消してください」なんてこともできないので、ご用心!

IMG_0685
IMG_0685 posted by (C)kumisensei
スポンサーサイト
EDIT  |  02:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |