2016.02/08(Mon)

【だんな様は霊能力者】 祈願 

土曜日は「節分祈願」の行事を執り行いました。










節分の祈願は、自分の一年をこう送りたいです!と宣言するようなもの。
みなさん、ココで祈願を重ねながら、「願い事」の法則を学び中。

「○○になりますように」
などというお願いごとをかける。
どうしても、それが叶うかどうか、叶ったかどうか、なんてこと、
気にならないといえばウソになりますが、
このところ、あちこちにお願いごとをしてきた人達が、
きちんと整理をする時期に入ってきたようです。

考えてみれば、神仏の世界には無限と言っていいほどですから、
人間のちょっとした願い、叶えられないはずはありません。
だからこそ、お願いごとしました→叶いました、
な~~んての繰り返していたら、あら、あら、余計に複雑なことになってしまったり。

有名になりたいです、というお願いごとをしておいて、
自由な時間、遊べる時間がたくさんありますように、
などと、別のところでお願いしたら、いったいどっちが本心なの?
という話になってしまうでしょうね(笑)

昨日も、ご神託をもらう人の中で、
「どうしたいのか?」と聞かれて、自分でこう思っているという願いを
口にした人達の中で、
「本当は、どう思っているのか。心の中に眠る本当の願いはなんだ」
と、問い返されている場面に出くわしました。

その時、その時の思付きではなく、心の底からの願い。
そうでなければ、願いが叶ったとしても、そこでおしまい。
神仏がそんな風に願いを叶えるとは・・・とても思えません。
勝手な思い付きがすべて実現していたら、この世は混乱してしまいますもの。

先日、久しぶりに「マーリン」(イギリスのテレビドラマ)のDVDを観ました。
「魔法」と聞くと、そんな力を身に着けられたらどんなに素敵かしら?
なんて思いますが、より高い目的にたどり着くために「魔法」を
どう使いこなすかということになると、そこにはかなりの忍耐力と、
知恵や先を見通す力が必要になる・・・。
現に、魔法が氾濫していたころ、世界はハッピーに包まれていたかどうか、
想像してみれば、わかることでもありますよね。

自分の思いや願いをホントの意味で実現することは、
目の前に見える自由や楽なことを実現することとは違うんだな~と思います。
「願いをかける」って、自分の本当の心を見つめ直す、のと同じ意味なのかもしれません。
自分の本当の願いが、みんな見つかりますように・・・。

IMG_0764
IMG_0764 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:46 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |