2016.02/17(Wed)

【だんな様は霊能力者】 それぞれの道 

自分がやってきたことって、時間が経ってみないと、
真価がわからないことがあります。

依頼されたものを夢中で翻訳して、出版し続けてきましたが、
時代が変わり、途中からは電子本もほぼ同時に出版されるようになりました。
それ以前の翻訳本については、少しずつさかのぼって、
残して行くだけの内容があるものだけ・・・ということだそうで。
幸いにも、関わらせていただいた本は、これからも
残してもらえるような内容のものばかりなので、
随時、電子本での出版もされていく予定です。

「昨日の新聞」という表現があるように、
一日経ったら、あまり役にたたない情報というのも
世の中には沢山ありますから、ありがたいことです。

スピリチュアルな内容の新刊といえば、まるで、まったく新しい発見
のような響きもしますが、実は、忘れ去られたものを思い出して記録する、
あるいは再評価することでもありますよね。

どんな素晴らしい教えがあっても、時代とともに人も世の中も変わり、
その中でうまく世の中に合わせてバージョンアップしてきたものだけが、
受け入れられ、受け継がれていくのですね。
ただ、そこに取りこぼしがないか、目先のことにとらわれて、
全体が視えなくなっていないか、という別の視点を与えてくれるような本。
そんな本は、知る人ぞ知る本として、ちゃあんと生き残っているんですね。

そんな視点で、自分が翻訳してきた本たちを見直してみると、
世の中で受け入れられるもの=売れた冊数
と、内容の濃さ、真価はなかなか一致しないものだな~
と振り返ってしまいました(苦笑)

まあ、自分のブログを読み直したり、編集したりしていたら、
今度は、翻訳本の復習ときた!
どうやら、いったん、立ち止って、「これまでの復習とまとめ」をする時期のようです。

IMGP4827
IMGP4827 posted by (C)kumisensei
(この前、話題になった、三輪神社付近で出合った「鳳凰」の写真、
載せておきます)

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3



スポンサーサイト
EDIT  |  04:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |