2016.02/24(Wed)

【だんな様は霊能力者】 卒業の時期 

学校に通っているとやってくる「卒業」
そろそろ、小中学校も、高校も大学も、そんな時期。

あまり昔のことは振り返らないタイプなのですが、
大学を卒業するとき、3月25日に赴任地が決まり、
卒業と引っ越しと、赴任地への挨拶と、一気にやらなきゃいけない
スピード感に、「社会は厳しい!」と思いましたが、
実際、その通りでした(爆笑)

当然ですが、大人になると、卒業は自分でやらなくてはなりません。
いろんな変化、自分で決心して進むときもあれば、
決心せざるを得ない状況になってその道を進むこともあるでしょう。

霊能者など感覚の鋭い人の場合、
ある時期になると、急に魂の声が大きくなるってのも少なくなく、
まあ、いいか!と、卒業せずに現状維持がどうしてもできない時期が
やってくることがあるようです。

どんな場所もいざ卒業となると、まるでとっても楽しいことばかりだったような、
幻想にも近い(笑)感じがするものですよね。
そして、進んだ先には、これまた進んでしかわからなかった
予想外が必ず待ち受けていて、すると、その幻想が華々しく蘇ったり(あはは)
もう、そんな場所はないと分かっていても、
そこに戻れば、また同じような時間が過ごせると思ってしまうものです。

「時は、時に残酷で、時に優しい」
と、だんな様がいうように
忘れたくないことを流すのも時間なら、忘れたいことを流してくれるのも時間。

あちこちに花が咲き誇るこの時期になると、
卒業を控えた人達が多くなるせいか、
春を待ち遠しいという気持ちと一緒に
どこかふわふわして落ち着かない空気も流れ始めます。
まあ、それを象徴するかのように、桜まで、ず~っと咲くのを待って、
あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまうので、
余計に「時の流れ」を実感する時期でもあるのでしょうね。

年を重ねると、自分が何かから卒業するってこと自体を
忘れてしまいそうになりますが、それでも時は流れているわけで。
ま、気が付いたらいつまでも、小学校に通っていた・・・
ってことにならないよう、小さな、小さな卒業、
次へのステップ、何歳になっても踏んでいきたいな~と思います。



お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |