2016.03/18(Fri)

【だんな様は霊能力者】 そうか、この風景だったのか! 

今回の「阿蘇・高千穂の旅」で、ちょっとだけ事前から心配だったのは、
ずばり、天気。
山道を移動するので、凍結したりしたら大変だろうな・・・
というのと、国見が丘で雨が降ったら、こりゃ大変だ・・・ということ。

で、みんなで、天気を予想。
ってこんな時、どんなことをやっているかというと、
頭の中で、その場所に立って、楽しんでいる姿を自然に思い浮かべるのです。
こうなって欲しい!という自分の「欲」を入れてはダメ(あはは)
今回、ん、晴れる!と確信していた私たちは、熊本空港に降り立った時の
横殴りに近い雨に、あらら~~と思いました。

ところが、阿蘇神社にお参りするころから、雨は止み、
行くかどうか迷った、「大観峰」からも、阿蘇の街を眺めました。
IMG_0975.jpg

ところが、私たちが大観峰を出るころには雲が降りてきて、まさに視界は数メートル。

次の日の天気も気にしつつ、でも出発してみれば、
雨もすっかり止んで、道もスイスイ。
数か所、立ち寄ろうと思っていた場所を素通りしてしまい(苦笑)
ま、メインの目的地ではなかったので、ご縁がなかったということで。

実は、感覚の鋭い人達は、立ち寄らなくても、ただその近くを
通っただけで、空気を拾ってしまうことがあります。
途中、なかなか厄介な場所もどうやらあったようで。
結構、普通に走っているだけで、気分が上下して、
今回は、道のアップダウンも一緒に(苦笑)

きちんとしたお参りが目的の旅の場合、
こうした意味でも、「ついて詣り」であちこち立ち寄るのは、
できれば避けた方がよさそうです。
何と言っても、メインの場所にたどり着いた時、
ちゃあんと、神様と対峙できる状態でいたいものですものね。
そうでなければ、せっかくの参詣で、神のエネルギーを
存分にいただけませんもの。

そして、そして、国見が丘に立った時、
「あ、この時の天気だった!」
IMG_1335.jpg
詩乃先生と二人、事前に、「晴れる!」と確信した場面は、
国見が丘からの風景だったね・・・と。

ただ、思い返してみると、雨の影響で予定していた場所に行けなかった、
ってことはどこもありませんでした。
実は最初の日、空港から阿蘇に行くのに、ジブリの作品のモデルになった
「ミルクロード」を通る予定だったのですが、雨で断念。
最終日、阿蘇から空港に戻る時に、時間もあるし・・・と通ったので、
予定の場所はすべてモーラ。
とはいえ、「ミルクロード」は、天気が良すぎて、見晴らしの良い、
ただの曲がりくねった道、乗っている人達には、右に左に揺れる、
ねむ~~くなる道だったようで(笑)
でも、私にとっては、大学時代、よく遊びにきたとても懐かしい場所で
大満足でした。

ところで、頭の中で「天気」を調整する「術」ですが(笑)
今回のように、旅のある一分部だけ(でも、ココで雨が降ったら、
一番、意味がなかったので、結果オーライですが)
思い浮かべては、ちと、不十分な時もある、という反省点はありますが、
まさに、「天気、どうかな?」と思い浮かべた時、
そのものの風景でした。
逆に、その後、雲が広がって、雪の予報はちょっと出ていましたが、
まさか~~と思っていたら、本当に、雪の風景が楽しめました!
という、予想は当たって嬉し、予想外も、これまた楽し、なのです。

IMG_1386
IMG_1386 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |