2016.03/26(Sat)

【だんな様は霊能力者】 宗教と先祖供養 

今日は、遠方からいらした方の先祖供養を。
お弟子さんたちも来てくれて、とてもスムーズに供養が終了しました。

先祖供養というと、宗教、とか、本家がやるものとか。
まあ、色々、考え方やとらえ方はあるのでしょうが、
自分が今、ここにいるのは、先祖がいたからこそ。
これはゆるぎない事実です。
でもって、そのことに思いを馳せたり、ご先祖に挨拶をしたり、
この思い自体は、究極、「宗教」と関係はありません。

ただし、思いを伝えるためには、ある「形」があれば、
伝わりやすい・・・それが、日本の場合、仏壇を通じて、
先祖とのかかわりを持つ、ということにつながっているのでしょう。

今日、いらした方は、それをごく自然な普通のことと思っている、
だけど、手法や方法がよくわからない、ということで、
まずは、ご先祖に、供養の気持ちを伝えるためのお経を詠みました。

供養を待ち望んでいたご先祖様でしたので、
初めてで、参加されたご先祖の数は相当なものでしたが、
とても喜んで、まさに、待ちに待った、イベントだったようで。

だんな様やお弟子さんたちはもちろんプロですから、
供養の気持ちをお経に載せて伝えるのは基本ですが、
ご本人たちのまっすぐな気持ちが加わり、なんというか
暖かいご供養となりました。

ココでの供養が終ったから、終わり!ではなく、
ココからがスタートラインといえば、スタートライン。
毎日、ご挨拶をするための場所をしつらえるのも、
やる気満々でお帰りになりました。
きっと、子孫を守りたいと思われているご先祖も
これで安心して、何より、生きているご本人たちが
安心して、毎日を過ごされるようになることでしょう。

こんな素敵な供養に立ち会うことができて、
なんだか心も温かくなりました。
先祖供養しなきゃ!とか、ご先祖様にお願いして!とか、
護ってもらいたい!とか、一方的な気持ちだけでなく、
ご先祖も、そして子孫も、それぞれが居る場所で、
安心して、幸せに暮らしていくための基本。
それが、先祖供養だと、改めて思い出させてもらう機会になりました。

IMG_1430
IMG_1430 posted by (C)kumisensei

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  02:53 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |