2016.05/13(Fri)

【だんな様は霊能力者】 空気の重さ 

感覚の鋭い人は、ある場所、ある時の「空気の重さ」が
意識していても、いなくても、はたまた遮断したつもりでも、
知らない間に、体に沁み込みがち。

地震前後から、やっぱり、空気の中には、
目に見えない「不安」みたいなものが、例年より色濃く漂っている感が。

昔は、私も完全遮断して生きていたので、どのぐらい漂っているのよ?
と聞かれても、測る度数はないし、例えその数字を上げたところで、
伝わることもあり、伝わらないこともあり、ってのが理解できます。

仕事柄、そうした空気の流れを読む必要のある人にとっては、
大事な感覚ですが、あんまり意味がないわ・・・と思える
敏感さもあったりして、そこはガッツリ被った後、
時間が無駄だった・・・と反省。
逆に言えば、例え、測る度合がなくても、人の心のエネルギーは
確実にある!としか説明のしようがないことがあります。

さて、こんな空気の重さに対処するには、いくつもの方法がありますが、
やる気までそがれたり、立ちあがるのも大変という状態になる前に、
体を鍛えておくことはもちろん(←体力があれば、多少は乗り越えられます)
自分で自分にニンジンをぶら下げてみるとか、
夢中になって楽しめることを探すとか、
真正面から立ち向かう以外にも、沢山の方法があります。

いつも、前向きな人に囲まれておく、というのも一つの手。
内弟子さんたちは、それぞれ感覚の種類は違えども、
皆さん、感覚が鋭いので、だんな様も含めて、
実は誰より、空気の重さを感じ取ってもいるのです。
結果、調子が良かったり、ガタンと膝が落ちるような瞬間もあり、
それを一定のレベルに保って、その感覚を日常にどう溶け込ませて、
活かしていくか、ってのをいつも考えている人たちともいえると思います。

で、私の役割といえば・・・そんな中でも気分がアゲアゲになるよう、
いろんなイベントを考え出す!ってのかな?と、ひとり、
あれこれ探したりしております~~。

そう言えば、昨年の12月、イベント~~~と思って探し始めたハワイ旅行。
今、探してもお手頃な旅は沢山あるのに、どうしてもあの時は見つからなかった・・・。
結果、行き先が「高千穂」になったのですが、
今なら、その理由がよく、よくわかります。
地震で大変な日々を過ごしている人も、まだまだたくさんいらっしゃることでしょう。
記憶に新しい分、復興を祈る気持ちは、確実に届けやすいものです。
いろんな手助けはあると思いますが、
祈りの力のある人は、祈りの力って必ず届くことを知っていますから。
一見、具体的な形でない分、物事をスムーズに動かす力では、
その力を発揮できるのですものね。

IMG_1737
IMG_1737 posted by (C)kumisensei
昨日の夕日の風景は、久しぶりに壮大でした。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  04:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |