2016.06/06(Mon)

【だんな様は霊能力者】 安産祈願と日常の状態 

今日は、月例会にも参加されている方に
お孫さんができる・・・というので、その安産祈願を。
とても若々しい方なので、おばあさんになられるとは・・・
にわかに信じがたいですが(笑)

初めてのお孫さんが無事に生まれられるよう、
御祈願を・・・と楽しみな雰囲気で祈願を始めると、
周りの羨望の思いが、いつのまにやら、嫉妬心に変わったらしく、
黒く見えた空気をしっかり祓って、終了。

いつも、ですが、御祈願も供養も、始めてみないと
わからないことが毎回のようにあります。

というのもあり、事前にあれこれと、先入観を持ち過ぎると、
見落とすこともあるので、「その場。その時」の感覚を大事に。

密教占星術もそうですが、自分が今、と思った時が、
占い時で、そこから盤を読んでいくので、
自分の感覚をしっかりフラットにしておかないと、
祈願も、供養も、そして先を見通す視点も
ずれてしまうことになるかもしれません。

ですから、霊能力者のお仕事って、皆さんの前で
話をしたり、メールのお返事を書いている瞬間、だけでなく、
その合間、合間で、いかにフラットな状態に自分を保てるか、
それにはかなりの労力も気も配っています。

フラットに保つ手法はいくつもありますが、
何より、日頃から体を鍛えておくこともそのひとつ。
フラットな状態に戻すには、体力が必要ですし、
自分が調子が悪いと、感覚も鈍ってしまうことでしょうし。
そして、それに加え、感覚を研ぎ澄ます浄化のための手法。
それも、毎日、その場、その時の自分の状態に合わせて、
目指すところがずれていないか、確認しながら、
自分自身が成長する姿勢を保ち続ける、
まあ、プロとなると、この辺りは「義務」に近いことでしょう。

どんな仕事でも、みんなに見える部分の向こう側に、
積み重ねたプロセスがその何十倍も、何百倍もあることは、
例えば映画の舞台裏などを観てもわかることですが、
霊能力者にとっても、プロの仕事をするには、
それだけ見えないところで、積み重ねていることがある、
ということなのです。

その一環で、時には内弟子を連れ、時には希望者を連れて、
お参りに行くことがありますが、これは昨年、伊勢に行ったときの外宮の様子。

CIMG7267
CIMG7267 posted by (C)kumisensei

大きなオーブが写っています。

お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3
スポンサーサイト
EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |