2016.06/17(Fri)

【だんな様は霊能力者】 粘って工夫 

もうひとつのブログにも書きましたが、昨日はだんな様のお弟子さんの
誕生日を祝いました。
多分、数年前から、ひょんなことから始まった誕生会も、
今や、ケーキと少しのプレゼントを。
本人の好みに合わせて、色々と工夫をしています。
先月誕生日を迎えたSさんも、そして明日誕生日のKさんも大のネコ好き。
ネコが経済を救う!と言われているほどのネコブームですが、
いざ、ネコを題材にしたケーキを探すと、なかなかない(涙)
じゃあ、作ればいいじゃん!と作ったのがチーズケーキをもとに、
目や鼻、ひげを付けたもの。
IMG_2088




実は、チーズケーキの中にカシスジャムが入っていて、
これまた酸っぱさがおいしかったのですが、
だんな様が酸っぱいのが苦手なので・・・
ケーキ屋さんに交渉して、一個だけジャム抜きを作ってもらいました(笑)
始めは、「他のものと混ざると間違いが起こるので・・・」と断られそうでしたが、
「そうですよね・・・ケーキを作られたパテシェさんにも悪いですしね」
きっと、ジャムも計算に入れて作られたもののはず、と思って、
「では、他を当たります」と言ったら、今回は特別に・・・と。
粘りがちです。

先月のケーキもネコをモチーフにしたもの。








探して見つけたはずのケーキが、もう製造していません!と言われて、
探し求め、その上、肉球チョコまでCさんが手作りしてくれたことで一層、
インパクトのある図になりました!
まさに、粘って工夫の連続です。



ここのところのだんな様のところへのご相談のトピックは、
ズバリ、「土地の障り」。
マンガや小説に出てくる話、と思いきや、
ここのところ連続しています。
もちろん、ひとつひとつ、ケースバイケースですが、
長い歴史の中で、忘れ去られてよいものと、そうでないものがあり、
立て替えたり、掘り返したりしている間に忘れ去られてはならないものが、
忘れ去られてしまっている・・・ことが多いこと、多いこと。

時代の流れが早くなり、経済が活性化するのは良いことかもしれませんが、
その土地で昔あった出来事は、時に記憶となって残り続け、
時に、神仏に対する障りとなって、体調に思わしくない影響が。
人間側からすると、訳のわからないことなので、畏れる現象になるのでしょうけど、
神仏からすれば、怒って当然のストーリーがあったり。

例えば、誰も自分が頼まれてやってあげてたのに、
その内すっかりそんなこと忘れ去られて、
まるでなかったことのように、ぞんざいに扱われると、
気分が良くないのは当たり前。
エネルギーの大きい相手だけに、気持ちのエネルギーも
人間にとっては、かなりの大きさに思えるでしょう。

神仏との付き合いも、人間関係も、
エネルギーの大きさこそ違えども、
基本を守れば、何も畏れるようなものではないのですから、
大事なことは忘れずに、しっかり筋を通して行きたいものです。


IMG_1994
IMG_1994 posted by (C)kumisensei
こちらは、霊廟の番をしていた、本物のネコ。


お問い合わせはこちらへ(タグをクリック)
バーナー3

スポンサーサイト
EDIT  |  04:11 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |