2016.07/26(Tue)

【だんな様は霊能力者】 充実した月例会 

昨日の月例会は、いつものように護身法から。
中級から上級に上がる人の護身法を見せていただき、
それぞれのオーラが出ていて、面白かったです。
皆さん、真剣に学ばれていることもあって、
早く上級で、学びたいこともあるらしく、今後も意欲満々でした。

その後は、初級、中級、上級に分かれての指導でしたが、
私が担当している初級のみなさんも熱心に。
まずは、しっかり体を動かすところから始まります。

休憩を入れて、今度は太極拳を。
準備体操から、気功、型まで、しっかり体を動かしました。
狭いところで申し訳ないな~と思いながらも、
皆さん、型がちょうど半分過ぎたところですが、
ちゃんとちゃんと覚えられててすごいです。
私も、毎日とは行かないまでも、いつも教えてもらったことは、
何度も何度も練習しています。
時々、その姿を見ただんな様が、やっぱり、空手が似合う~と。
どうやら、力強すぎるらしいです(涙)

はたまた、乾いたのどを潤した後には、密教占星術。
今回は、主に宮の意味、星の意味について解説。
あくまでも、イメージの世界が大事なので、広いビジョンを持った人に
解説してもらうと、そのイメージも広がりやすいですよね。
ちなみに、解説を受けた時間で盤を作ったら、
年と日、月と時間の盤がまったく同じになって面白い結果がでました。
密教占星術も奥が深いので、どんどん盤を作って自分で占ってみると、
イメージがつかみやすく、どこにフォーカスすればいいかが
感覚的にわかってきます。

その後は、それぞれの質問や、気療、などなど、気が付けば12時を過ぎていました。

このところ、夏のギラギラした空気からは多少免れている感のする毎日ですが、
感覚の鋭い人達にしてみると、空気の重さは変わらず、堪えているようで。
特に7月と8月のお盆の間の空気は、どうしても体に堪えます。

神様のご縁のある人も、感覚が開いてしまって、澱んだ空気の
影響を受けてしまうと、上から降りてきている光を見失ってしまいます。
最後は・・・ショック療法でした(笑)
ミットで、何度か蹴ってもらって回復。
荒療治の方が、結局は体に負担がかからない場合もあります。
(荒療治といっても、ミット越しに何度か蹴ってもらうだけですが)
体の中に残った、残像のようなものに煩わされて、
調子を崩し始めると、あちこち、精神的にも影響が出て、
長引くことで、余計に体調が戻らなくなることもあります。

人間、生きていると、必ず周りの人から、様々な影響を受けるものですが、
自分の意志で、受け入れると決めた影響は受け止めるにしても、
なんでもかんでも感じてしまうと、混乱してしまいますし、
自分らしく生きるのが目標なのに・・・自分を見失うという残念なことが
続いてしまいますから、どこかで、ちゃんと自分に戻る
目指すところを確認する時間が必要ですよね。

さてさて、周りからの影響が、この時期は特に、強く感じられます。
しっかり、護身法を着て、しっかり脱いで。
自分らしくを忘れないようにしたいものです。










月例会の間、あずま君が出現!!!
一号か二号かわかりませんが、かなり熱心で、
やっぱり、内弟子希望っぽい・・・・。

メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  03:05 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |