2016.07/30(Sat)

【だんな様は霊能力者】 「自分らしく」って難しい 

誰でも「自分らしく」ありたいと思うもの。
でもって、同時に、「人と違うと思われたくない」という
これまたある意味矛盾した気持ちも持ち合わせているもの。

さて、さて、どこで折り合いをつけるかが難しゅうございます。
特に、幼いころから、自分は人と違うんじゃないか・・・
と思い続けてきた、能力者にとっては、このコンフリクト、
常に心の中にある、といっても過言ではないでしょう。

極端な例ですが、ウソをついた人が、ウソを隠そうとすればするほど、
ウソが見え見えになるのと似ていて、
霊能力者が、普通の人のふりをすると、これまたなんだかとても不自然。

とはいえ、時と場所を間違えて、人には見えないものが見えたとか、
人と自分はこう違う、と主張し過ぎても、これまた不自然。

それこそ、普通の人からすると、何かを隠している人、
本心を隠している人、理解できにくい人、と返って思われてしまう。

ま~、不思議なことに、うまく開き直って(苦笑)
「自分が普通」(←だんな様)と、言えるまでになってしまえば、
あ、そうなんだ・・・と周りが思ってしまうから、これまた不思議。

でもって、「自分が普通」といっただけでは、周りはそう思い続けてくれません。
「自分が普通」と思っている、そんな風に生きることが、
その言葉に、あ、そうなんだ・・・を塗り重ねていくのでしょうね。

ま、それでも、だんな様が普通だと思っている人は
そ~~は沢山いないと思いますが(爆笑)
それでも、自分が思う「普通」って何だろう?と自分で自分に問いかける
そんな場面が連続して起こる。

自分にとっての普通、それを普通にしていくプロセスが、
自分らしさの追求みたいなものと同じだったりするのでしょけど、
ま、自分らしさを見つめる時、人は人でそのままでいいってのが
よくわかるもの。

ま~、それでも自分らしさというのは、見つけるものでもあり、
積み重ねて作り上げていくものでもあるので、
これだ!と思っても、自分も周りの人間も見つけた時点では、
不安定なものだったりするのです。

あ~あの人は、そういう人、それがその人の普通。

周りの人をも、そして究極、自分も、ちゃんと認めるように、
認められるようになるには、時間とそれから、一時的に感じる疎外感も
気にしないでいられる強さが必要になってきます。

それこそ不思議なもので、誰からも理解されないと、寂しい思いをするから、
と、周りに合わせたつもり、になっていると、心の奥底の魂は悲鳴を上げ、
余計に孤独感が増す、なんてこともありますから。

あちこちぶつかりながら、アラ~自分らしいと思っていた自分、
ここは訂正!と潔く認めながら、作り上げていけばいいだけのこと。

決して、自分らしくありすぎようと、頑張りすぎたりしないこと。
これも大事みたいです(笑)

IMG_2366
IMG_2366 posted by (C)kumisensei
太陽は、太陽らしく。
ここに、太陽在り!と主張され過ぎると、まぶしすぎますが、
それでも、太陽は、太陽でしかない・・・。

メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  03:37 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |