2016.08/26(Fri)

【だんな様は霊能力者】 思いやり旅行 

今回の旅行、台風まで「参加します」と返事をもらったかのような状態でした(笑)
台風が近づく中、それでも瀧に入る気満々で出かけましたが、
あまりの水量に危険だと判断して、今回はお詣りだけ。
それでも、近くの蕎麦はしっかり堪能してきました。










いづる屋さんは、台風の中、私たちが予約をしていたこともあり、
他のお店が臨時休業する中、ちゃんと店を開けておいてくださいました。
感謝、感謝。
そもそも、出流(いづる)山のお寺までは、車でアクセスするしかありません。
台風の中、あきらめずにトライする人達を乗せて、
雨や風で運転がさらに難しいのに、数台の車を運転してくれたドライバー役の人達。
決して、近いとは言えない距離というのも含めて、思いやりの中で成り立った旅行。
本当に、お疲れさまでした。

台風の中、東京まで戻らなくてはならない人のために
回り道をして、駅まで送ってくれたので、無事に東京に戻れたってのもあり、
それぞれ、修行に一生懸命だからこそ、互いを思い遣れるという、
思いやりの詰まった旅行でした。

先にも書きましたが、瀧には入ることができませんでしたが、
雨に打たれただけで、まるで瀧に打たれたのと同じような浄化がかかった感じでした。
浄化がかかると、人は楽になる・・・と思いがちですが、
同時に本人のそのまま、が見えるのです。

そんな「そのまんま」も自分の一部。
「嫌だ!」と拒否すると、浄化をしたそばから、自分で自分の被りを作ってしまうってことにも。
そんな自分も含めて自分、と受け止められるようになるのが目標。

誰かが体調がちょっと良くなかったら、思いやり、
人が気が付かなかった、気が付いた人が気を使い、
という、とても思いやりが試されたような気がします。

2泊3日で出かけた旅でしたが、最後の最後、東京に帰る時にも、
わざわざ、往復してまで遠回りして数人の人を送り届けてくれたり、
途中の駅まで送ってくれたりと、人の思いが詰まった旅。
まさに、修行は瀧の外にあったように思います。

また、台風が近づいているとの予報もあり、
実際に瀧に入りに行けるのがいつになるかは未定ですが、
修行と言う意味では、十分な修行な旅だった・・・。

IMG_2582
IMG_2582 posted by (C)kumisensei

華厳の瀧の水量も凄かったです・・・。

kumiのブログ-バーナー



スポンサーサイト
EDIT  |  04:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |