2016.09/12(Mon)

【だんな様は霊能力者】 供養と線 

聞いた話なのですが・・・
しっかりご先祖を供養しているというご家族。
だだし、自分が知っている人間だけ、というお家があるそうで。

長い間、そのお家の話は時々耳にしていたのですが、
ここに来て、次々にご家族が体の調子を崩しているという。

この時期になると、こうした種の話を耳にすることが多くなりますが、
きっと、やがてやってくるお彼岸に向けて、あの世からの要求が
大きく伝わってくるからかもしれません。

普段は、とても丁寧に供養をされているそうですが、
それは、この数代に限ったことらしく、それ以前は、
自分は知らないからというのが、ご本人の気持ち。
そう思うに至った経緯は、ご本になりにあるのでしょう。

けれども、いくら否定したところで、自分まで続く「線」は
途切れることがなかったからこそのこと。
「家」を主にした供養の仕方では、特にその気持ちが大きく
影響されるのは必至のことなのでしょう。
亡くなっても、生きていたころの思いで供養を待つのも、
自然のことなのですから。

と、他の家のことをこうすれば・・・という解決策は、
だんな様のような「筋」が見える人に相談するのが一番です。
自分で良かれと思ってやったことで、余計にこじれてしまった例も
いくつも見てきましたから。

そこに原因があるのでは?と、家の中のごたごたの理由が
わかっていても、それを人を巻き込んで実行するとなると、
なかなか進まないものだったり、あちこち気を遣わなくては
ならない微妙な問題だったりもしますが、これまた
複雑に絡み合ってしまうと、本当に供養をするにも時間も力も
必要になってきます。

生きている側がちゃんと行き、向こうにわたった方が、
こちらの供養をちゃんと受け取れる形まで持って行くこと。
何より、自分のため、そして、それが自分まで命をつなげてくれた
先祖に対する思いだと、個人的には思っています。

お彼岸に向けて、供養を待つ方々の思いが、それこそ
重くなっていくとは思いますが、少しでもお互いが
すっきりと進めるようにしていきたいものですね。

メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |