2016.09/21(Wed)

【だんな様は霊能力者】 生まれてきた意味、自分の役割 

自分が生まれてきた意味とか、自分の役割って何だろう?とか。
まあ、一度や二度は普通考えることがあるものです。

そんなことを考えるのは、大概、何となくの違和感や、
物事が自分の目から見て、うまく言っていない時なんですけどね。

人のことって、意外と良く見えるもので、ああ、この人ってこんな役割なのね~
とか、今は、こう言う時期なんだな~とか、冷静だからこそ、
距離があるからこそわかりやすかったりします。
ところが、本人にとっては、暗中模索感満載!って場合。

まあ、人が生まれてきた意味なんて、生まれてくることそのものに意味があり、
逆にはじめっからすべて決まっている何て考えると、その人生、つまんないだろうな~
なんて想像してみたりします。
はたまた、ちゃんとした役割を持って生まれてきた人は、
自分の意志がどうであれ、そう、生きなくてはならない、
他に選択肢がない人ともいえるわけで。

はてさて、自分はどうなんだろう?
他人の役割が垣間見えた時に感じることですが、それこそ見えない(苦笑)
ですので、観察してみることにしてみましょう。
おおよそ、人が自分の役割に気が付かないのは、
1)忙しすぎて、物事に追われている
2)見えているのに、見ないふりをしている
3)ぼんやりとわかっているけど、時期を待てない

このぐらいでしょうか・・・。

1)忙しすぎて、物事に追われていると・・・
雑音の中に、自分の役割の音が聞こえなくなってしまいがち。
現実的な物事ばかりに目が行き過ぎて、心と体のバランスが崩れる時がやってきます。

2)見えているのに、見ないふり・・・。
意外とこれが一番多いケースですが、次のステップに進むために
越えるべきことは、ほとんどが苦手なこと、嫌なこと(に思える)
いろんないいわけを作って、これは違う、あれは違うと、
探し回り続けることになります。

3)ぼんやりとわかっているけど、時期が待てない・・・
ってのも意外と多いですよね。
与えられた役割を果たすとなると、自分の力だけではうまく行かないことが
ほとんどなのです。
遅れている列車をいくらイライラして待っても、来る時まできません。
ここはひとつ、ゆったりと待つことにしましょう。

という考察を得た今日の私。
さて、さて、私はどのケースに当てはまっているのやら。
ここはひとつ、ゆっくり見つめてみることにしましょう。
そんな時間こそが、一番の近道だったりしますものね!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  04:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |