2016.10/04(Tue)

【だんな様は霊能力者】 家の中に霊がいると 

もう一つのブログにも書きましたが、午前中、歯医者に行った後は、
すぐに帰宅して、お客様。
鎌倉からおいでのお客様は、いつもスッキリさわやか・・・。
のはずが、どうやら、このところ家の中でイライラが詰まっているそうで。

特別、場所が悪いとかそういうことではなかったのですが、
いざ、遠隔で家の中の浄化をだんな様が始めると、
あらま、どこからか、霊が入り込んでいることが発覚。
今回の場合は、先祖とか血のつながりのある存在ではなかったようですが、
先祖であっても、そうでなくても、家の中に霊がいると、
ジメジメした空気、イライラした感情で、家の中がごたごたすることが
少なくありません。

話を聞くと、鎌倉あたり、やっぱりそういう霊が集まる場所があり、
誰も手をつけられずに放置されている家もあるそうで。
聞けば、場所は良い場所にあるとはいえ、歴史のある場所ですから、
過去に何があったか全部を知ることもできませんし、
自分の家の中だけは、きちんと守る、はじく、という策を取って置くのが無難でしょう。

昔は家の中に神棚があったり、床の間があったりと、
家の結界を意識した造りになっていたところも多かったのでしょうが、
そうしたことに意識が行かなくなってしまったのか、
家自体の持つ、結界の弱さを、構造上感じることもあります。
とはいえ、家の構造って、時代時代によっても変化しますので、
せめては自衛策をとりながら、工夫していく必要があるのでしょう。

ここにいらっしゃる前日に、腕輪念珠の糸が切れたともいわれていましたので、
影響は、少しずつ溜まっていたのでしょうね。

今日は、その他にも、もう一つ腕輪念珠、そしてお守りのペンダントを
作りました。
わたし自身もいまだ、出かける時は油断せずに、腕輪念珠と、ペンダント
近所に買い物に行くときも、しっかりつけてから出かけます。



数は、その時の気分次第。
外からの影響は左手から入ってくることが多いので、左手には赤など強い色のものを。
そして右手には、寒色系の念珠を付けてからでかけます。
重くないですか?と聞かれますが、慣れると、付け忘れるとかえってスカスカした
感じがしてくるから不思議です。
そして、ネックレスは、お守りの中に水晶と水入りメノウを。
水入りメノウは、もしウサギが卵を産んだら、こんな卵って形をしていますので、
「ウサギの卵」と呼んで、このふたつは首から下げて、下着に挟んでいます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  03:40 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |