2016.11/01(Tue)

【だんな様は霊能力者】 答えが降ってくる時 

ずっと疑問に思っていることの答え。
問題集のように、巻末を開けば載っているならいいのですが、
答えがなかなか見つからない疑問というのもありますよね。

ずっと、ずっと、考えても、ずっと、ずっと、問いかけても
なかなか出ない答え。
クイズなんかでもそうですが、答えがスパっと出ないと、
なんというか、気持ち悪いというか、スッキリしないというか。

それでもずっと、あきらめずに問いかけることって大事。
感覚のある人は、祭壇のある場所で答えが返って来ると思っていたりしますが、
必死になりすぎると、答えが降ってきていても、
自分のなぜなぜという音に、かき消されてしまうこともある。
だからと言って、誰にでも聞いて、あちこち聞きまわっても、
余計に混乱したりもします。
それに、神仏とはいえ、ポジションによって答えらえられる内容は、
限られている、というか、お互いの治める域を侵さないのも、
そのポジションたるゆえんでもあるのですから。

世の中では、情報を開示することが、解決につながる、
それぞれの自由につながるみたいな風潮がありますが、
子供に大人と同じような知る権利など与えてしまったら、
これまた世の中混乱してしまうのがオチ・・・というのに似ています。

答えが降ってくるのは、考えに考えてわからず、
ふと、歩いている時だったり、お風呂に入っている時だったり、
全く違うと思われるようなテレビや映画を観ている時だったり。

そもそも、答えが一つだと思い込んでいるから、
本当は答えを知っているのに、わからないと思っているのかもしれません。

自分の答えは、自分のものであり、
他人に押し付けるものではありません。
ただ、誰かの答えを耳にした時、こちら側まで、心が解放されるように感じる時と、
閉じ込められるように感じる時とがあるものです。

ああ、そうか・・・。
腑に落ちた瞬間の気持ちよさもこれまた捨てがたし。

ま、いいか!と思うことと、トコトンこだわり抜くところ。
それ自体が、あなたの周りの世界を作っているのですから、
変えたいなら、変わればいいし、変えたくなければ、変えなければいい。
それだけといえば、それだけのことですが、
できれば、スッと楽になる答えが、広がっていくといいですね。







ハローウィーンだっていろんな文化のいろんな考えがあってのこと。
単純に楽しむのも良し、起源を探ってみるのも良し・・・。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  03:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |