2016.11/20(Sun)

【だんな様は霊能力者】 プロほど何気なく 

今日、用事があって出かけたデパートで、
ワイシャツのアイロンがけ実演会が行われていました。
ワイシャツはクリーニング屋さん頼みの我が家ですが、
時々、襟などの汚れがすっきりとれてないな~と思うこともあり、
じゃあ、自分でアイロンがけをすると、結構難しです。
それにだんな様が着ているドレスシャツは、
クリーニング屋に任せると時間がかかるのと、
やっぱり汚れが少し気になるのと、色々あって自分でやっています。

一通りのやり方を教えてもらって、その後、ココは?あこそは?
と一人、最後まで質問しまくって帰ってきました。

気が付いたのは、細かな道具(クリップなど)をちゃんと利用すること、
そして、何よりやっぱり、コツはあっても、最後は
きちんと力を入れるべきところを入れる腕(苦笑)

話は少しそれますが、実家の家のお祓いをどうしようという話になり、
お祓いをしてもらうにしても誰に、いつ、などなど問題が。
母が自分でやると言い出したりしたもので、う~んと思ってだんな様に聞いたら、
形式通りやっただけなら、効果はないし、
効果があったら、祓いをした人の体に負担がかかると。

プロのする仕事は、一見、簡単で「なにもしていない」かのように
見えたりすることがあります。
このぐらいだったら、自分でもできるんじゃ・・・なんて考えで、
やらかしたことなど山ほどあります。

精神世界を扱うとなると、何も感じない人や、体に対する負担に
敏感な人とそれほどでもない人など、体質によるものは大きく、
敏感でなければ、きちんと仕事を成しえないし、
敏感だときちんとやろうとすればするほど、体力が必要という、
まるでタイトロープみたいな仕事の典型です。

もちろん、どんな仕事も、当たり前のことを当たり前のように
すっと終わらせるというプロセスをプロと呼びますが、
その向こう側にある、体への負担やそれまでの積み重ねは、
とても素人からは見えにくいものだったりします。

でも、ちゃんと自分の心の眼で見て、積み重ねれば、
きっと誰にでもできるようになることでもあるのでしょう。
問題は、当たり前にやっているようになるまで、
積み重ねるだけの努力と体力を保ち続けられるかどうか。
そこまで積み重ねた人達の匠の技は、
なかなかまねできるものでもありませんよね。

さて、匠とまでは行かなくとも、次のアイロンがけには、
匠に教わったコツを活かしてみることにしましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  03:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |