2016.12/13(Tue)

【だんな様は霊能力者】 ハワイの旅 その目的 

今回のハワイの旅の目的。
それは、オアフ島最大のヘイアウ「プウオマフカ・ヘイアウ」に訪れることでした。

「ルアキニ・ヘイアウ」、つまりは生贄が捧げられたヘイアウです。
オアフ島ノースショアのワイメア湾を望む丘の上に残されています。
生贄は通常、奴隷や捕虜、カプ(タブー)を破ったハワイアンでしたが、
1792年、ワイメア沖に上陸した3人のイギリス船員も
捕えられてここで生贄にされたという歴史があります。

それゆえ、プライベートツアーで、行きたいとお願いしたところ、
できれば、行かれない方が・・・とアドバイスを受けました(笑)

いやいや、大丈夫です。
ちゃんと、わかっていますから。

できればお供えとかお持ちになった方が・・・

それも、大丈夫です。

そんなやり取りの後、出かけた当日は、ドライバーさんそれでも
および腰(笑)
他に車が居て、ホッとしましたぁ~と、言われたにも関わらず、
私たちがお詣りをした一時間弱、車をいつでも出せる方向に駐車してスタンバイ(あはは)

昔、昔、神々を呼び出す方法の一つとして、
生贄を捧げるというのは、儀式にすぎなかったのですから、
そこに自分の焦点を当てて、訪れるのではなく、
あくまでも、神々へと意識を合わせます。

それでも、当時の儀式がどう行われていたか、ヘイアウの周りを
一周する間に、イメージとして受け取った人もいました。

捧げものというのは、人間が神々を呼び出す時に使った道具でしかありません。
もちろん、現代の意識でみれば、残虐な・・・というイメージですが、
それが当たり前の時代もあっただけという意識で、
対面を果たすことも、逆に神々への礼儀だったりします。

整地へ赴き、直接会えるだけで十分、満たされた気持ちになりました。

よく、パワースポットに行くと、すぐにどんな感じがして、
こんな事が起こった、起こらなかったという話になりますが、
そんなにスケールの小さい神々ではなかった・・・ということを付け加えておきましょう。

その変化は、これから先、聖地を訪れたみんなに現れてくることとは思いますが、
変化を求めて訪れたのと、ただ神々に遭おうと思って出かけたのでは、
天と地ほどの差があります。

それだけの意識のことが、それだけのもの引き寄せ、
日常に大きな意識の変化をもたらすということなのでしょう。

IMG_3253
IMG_3273


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  03:47 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |