2017.01/11(Wed)

【だんな様は霊能力者】 気を付けよう足元 

昨日、ゆっくり年は明けていく・・・と書いたばかりですが、
やっぱり、酉年っぽい空気は、流れ込んでいる模様。

流れ込むと、バタバタ、いろんな予定が入り、
流行り今年は酉年だ・・・と、思うように。
それでも慌てず、ひとつずつ片付けていくことにしましょう。

でも、こんな時は、予定外のものが入るとパンパンに
なってしまうので、余裕が持てるように工夫をして。
ミラクルを連発する感覚の持ち主たちも、
「心をなくす」と、そのミラクルが起こせないどころか、
自分がミラクルを起こせること自体をすっかり失念。
その上、思いが強いので、起こった出来事に、
心を奪われると、そちらに思いのエネルギーを
浪費してしまうってことも少なくありません。

どうしても、ポジティブなことより、ネガティブなことの方が、
べたべた、ねばねばしているので、心にひっかかったまんま。
その状態で、他のことをやると、それこそ、その状態のものを
しっかり引き寄せてしまいがち。

それにしても、最近、骨折した人の話を聞くことが多いです。
それは昨年末から始まり、これまでに耳にした人だけでも、
身近な人で、4~5人います。
う~ん、とても偶然とは思えない。
それぞれ、骨折した場所も現場も、原因も異なりますが、
骨が折れると、体がそれを治そうとして、
エネルギーがそちらに取られるのと、
体のバランスを、折れた部分をかばいながら動くので、
さらに、あちこち痛みだすということも。
誰かの思いが飛んできただけで、骨折することは、
ま~~ありませんが、その思いにさらされ続け、
それがネガティブな思いであれば、ひょっとしたら、
ちょっとした瞬間に気を取られて・・・なんてことも、
ないとは限らず。
それに、そういう場合は、治りが不思議と遅いのです。
大体そういう場合は、骨折した体の場所だけでなく、
心も影響されていたりします。

空手を始めてから、10年だ~~と、今日、道場に行って、
今年、道場の10周年を記念してイベントが計画中という
話を聞いて思いました。
その間に、多少なりとも怪我はありましたが、
へたくそな時ほど、怪我していましたね。
病院に行くほどの骨折はなかったものの、
ヒビが入ったことは、きっと数回あったはず。
でも、おお!人の体とはすごいもの。
ちゃんと、ちゃんと、治ります!!!!!
今では、自分の体のミラクルを信じるに足る経験となっています。

それでも、怪我や体調の崩れは、心のバランスを崩しやすい
状態になってしまいますので、用心、用心。
皆さまも、特に、「足元」には気を付けてお過ごし下さい。
あ、あと、ちゃんと柔軟体操をしてバランス感覚、磨いておいてくださいね。

IMGP1691

2009年シオン城に、30年前と同じ構図のだんな様の写真を撮りに行った時、
実は・・・私の足は、肉離れで足の太ももからふくらはぎまで、
真っ黒になってて、自分で驚いたのでした・・・。
それでも沢山歩いて、お腹がシックスパックになったのも思い出。
足もきれいに治ったのでした・・・。
スイス・・・行きたい・・・。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター
スポンサーサイト
EDIT  |  03:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |