2017.01/16(Mon)

【だんな様は霊能力者】 年が明けての変化 

年が明けて、変化が訪れたかどうか、また、その変化をどう受け止めるかは、
単純な良し悪しで片付けられるものではありませんよね。
変化は、しかるべき時には、ドンと受け止め、
変化は、しかるべき時ではなければ、ドンと変化している中でも動かない。
そのタイミングの見分け方を、最近、教えられている気がしています。

年末年始のわさわさ感に加え、私的には、実際、物理的に
この12月、1月はいろんなことが重なって、
「やらなくてはならないこと」が山積みです。
むやみに頑張っても、返って徒労に終わるのがはっきりわかっているので、
ひとつひとつ丁寧に進めることに専念しています。

年始の神様のご神託は、ズバリ、今年は禊の年。
その禊も、個人個人、それぞれにカスタマイズされていて、
禊といえば、神社に行ってエぃ!とやってもらう、
そんな単純な図式じゃないところ、神様やるぅ~~~(笑)

禊で落とさなくてはならない「もの」は、
これまでの間に溜まった「もの」かもしれないし、
もはや要らなくなった自分の中の信念かもしれないし。
捨てたつもりが捨てきれないのは、お片付けと一緒。
捨てれば片付くものでもない、というものどこかお片付けと似ています。

常常、だんな様は頭の中を空っぽにしておくことを大事にしており、
それは、いざ、となった時に、先入観で判断しないための
大事なことなのだと。
片付けた空間、空っぽの空間に、次の様々なことを詰め込まないだけの
意識とその意志の強さを維持していくのも大事な事なのでしょう。

年が明けて半月。
今日は、皆さんと、素敵な鈴の音と共に、祝詞を。
年末年始から続いている神界の変化もまだ収まっていない模様。
こんな時は、導きを自分の外に求めるより、
じっくり自分の中の、神や仏と向き合ってみるのも一つの方法でしょう。

自分が目指すべき方向にしっかり進んでいる人は、
ちゃあんと、ある一つの結果が出て、
そして、また次の課題を与えられているのですから、
自分の課題が終ってない人は、終らせるプロセスに「禊」が
含まれているという意識を持って、要らない「心」も一緒にスッキリできたらいいですね。




空はすっきしているような、そうでないような。
凍りつく空気は、どこかピンと緊張感ももたらしてくれます。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:30 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |