2017.01/20(Fri)

【だんな様は霊能力者】 自分の祈りに自信を持つ 

このところ、周りの変化があわただしく、
天界の変化が、ダイレクトにこの世に影響しているようで、
その風は、思ったより激しくて、右に左に振り回されそうになります。

こんな時、しっかり自分の祈り、自分の軸をブラさずに居るというのは、
なかなか難しいものかもしれませんが、逆に言えば、
それを試されているような、訓練しているような時期でもあります。

頼み事、ではなく、しっかり神仏と向き合って祈っていれば、
表面上の自分にとっての都合の良し悪しではなく、
必ず前に進んでいる、必ず前に進むという姿勢が崩れずにすみます。

昨日は伝授の日。
恒例のご神託も、まさにそんな内容でした。

「厳しい浄化の中、前を向き、決して、歩みを止めるな」

とかく、日常を生きていると、煩わされるようなことは起こるもの。
人間の気持ちなんて、自分も含めてコロコロ変わるものですから、
自分の心も含めて、人の心の扱い方も、必ずちゃんと距離を持って、
冷静に見れるといいですね。
また、人の心が読める人は、人の心を必要以上に読もうとしてしまう傾向にあり、

「他人の心、他人の眼を気にするな。自分の道を迷わず進め」

というご神託の通り、うっかり他人の心の渦に巻き込まれてしまった人達は、
そこから救い出すつもり、自分が何かしてあげられないか、と親切心で思っても、
結果は、思ったようにはいかず、かえって他人の渦に巻き込まれてしまう結果になると。

自分がそこに降りていってはいけない。
自分は自分の目指す高みを忘れず、その姿を周りに見せ続ける中で、
自分の渦に人を巻き込む姿勢を保つのが大事なのでしょう。

時に、その高みを目指し続けるのが修行と思われ、
そこには辛さが必ず伴うものと、勘違いし、違う方向に苦労したりしながら、
というのはあり、だとは思うのですが、自分軸を失うと迷子になってしまいます。

どうやら、これから数カ月は、やっぱりさわさわした空気が続きそうですが、
人の渦に巻き込まれず、自分で自分にとって心地よい渦を作り出す気持ちで、
進んでいけたら、と思います。




風は冷たくとも、梅にとって、「咲く時期」に、「咲く」んですね。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  03:26 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |