2017.01/30(Mon)

【だんな様は霊能力者】 体の不思議 

空手、初心者の頃はよく怪我をしました。
足の裏が真っ黒になるぐらい、肉離れをした時もあったし、
練習の次の日、足が地面についたとたんに激痛、
はたまた、肋骨にひびが入ったかと思うほどの痛みがあったことが。
それに、一番最近では、もう数年前、平安Ⅴで、ターンして、足を踏みしめるところで、
足の親指が地面にひっかかったまたどすん。
あわてて、外れたっぽい親指をその場で自分で引っ張って戻し、最後まで昇給審査をやり切りました。
後で、ちゃんと入っていなかったことがわかり、数週間腫れが引きませんでした。

でも、ぜ~~んぶ、今は治っています。
体って不思議ですね。

怪我をしなくなるのと、怪我しても気にならなくなるのと、どっちだろう?
と聞かれたら、どっちも、と答えますが、それでも普通に空手ができていること自体が、
とてもありがたい!と思える状態です。

今日は、気療デー。
いらした方はお二人とも女性で、足を痛めていました。
それぞれ症状は異なるものの、痛めたところを長い間放置したら。
そうでなくとも、痛めたところをかばって、体全体のバランスが取れなくなる。

つまりは、怪我したところが治っても、他の部分が痛むってこともあるわけですから、
治っていくプロセスでのケアーは、次の怪我を引き起こさないためにも大事です。

骨折している彼女は、数日前、気の流れが止まっていたのか、
とにかく、折れた骨がくっつこうとする力が極端に落ちていました。
気療数日後の彼女は、杖なしで歩けるほどに回復。
でも、まだまだ薄い骨ですから、それこそ同じところや、他の部分を
再び痛めることがないよう、ここからがさらに注意が必要です。
普段ではありえませんが、2週間で普通に歩けるまでになるという
プロジェクトを、二人で勝手に作り上げました。
さて、さて、どうなることやら。
後は、彼女の回復力と、ケアーにかかっています。

もう一人の彼女も、胃腸が弱ったことで、腰が痛み、
それをかばって下半身が固まった状態。
まさか、胃腸の痛みが腰に出ることがあるとは思っても見なかったようで、
でも、内臓の血流を促して、温めたら、腰の痛みがかなり軽くなったようですので。
やはり、そういうことなのでしょう。
ちゃんと、病院に行って、診てもらうようにと、だんな様。
ここから先は、内科のお薬が必要な状態です。

とまあ、体が不調になると、精神状態も落ち込み勝ち。
はたまた、精神が不安定になると、怪我をしやすくなったり、
体調がすぐれなくなったりと、卵が先かニワトリが先かという感じ。

医学や薬で治るもの、手術が必要な症状も、もちろんありますが、
最後は、自分の治癒力が、できるだけ正常な状態に戻してくれます。
自分の体、頑張れ!といったところでしょう。

特に感覚の鋭い人は、心が疲れると、体の疲れや不調が増長されますし、
その逆もしかりで、敏感なだけに、好不調の振れ幅が大きいものです。
逆に言えば、それだけ心の力も強いので、絶対治す!と決めたら、
あれだけ手こずっていた症状が、ふっと楽になったりします。

心と体のケアーは、同時に入念に。
このぐらいという、自分への過信が、気分を下げ、体調へと及ぶことがある、
ということは、常に頭に入れておきましょう。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  04:22 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |