2017.03/11(Sat)

【だんな様は霊能力者】 ご神託・・・遅くなりました 

いつも水曜の夜、正確には木曜日にいただいているご神託。
皆さんに必ず伝えますと約束をしているので、
お伝えせねば!と思いつつ、気が付くと昨日はブログを書かないまま(汗)

最近は、内容を忘れてしまいがちなこともあり、記録に残すようにしたので、
ばっちりお届けできる!と、気が緩めばこういうことになりますね。

さて、まずはご神託
「今年はすべてを見直す時。
このままでよいか、過ちを認め直すのかを判断する年。
過ちを過ちと認めることが出来ない者にとっては、辛い一年となるだろう。
周りから取り残されるのも、ついていくのも、すべては自分次第である。
決して、易しき道ではない。
進むも、退くも、自分次第。
良き道を歩みたければ、前進あるのみ。
できなければ、落とされ、取り残されるだけ」

解釈の仕様によっては、大変厳しく、
解釈の仕様によっては、大変優しい言葉。

確かに、今年に入って禊の風は強く、今も吹き荒れています。
その上、春彼岸の日が近づいていますので、
いろんな思いや、風があちこち飛びやすくなってもいますので、
思っただけ、でも、思い出しただけ、でも、
その思いは風に乗って、「そこ」に飛んで行きます。

こんな時は、大した理由も見当たらないのに、急に体の調子が崩れたり、
頭痛や腹痛など、被り独特の症状が出たりすることがありますが、
薬などで簡単に抑えることも難しく、まさに耐える時です。
ただし、こうした症状は、きちんと耐え抜き、対処すれば、
大病に至ることは少ないのが特徴です。

また、禊だ~~と思うことも、本人にとっては、
とても分かりにくいことで起こったりします。
逆にいえば、今まで気が付かなかった、自分にとっては
取るに足らないと思えた、あるいは、捨てられなかった
もういらなくなって、古くなった「考え」を捨てる時でもあるのです。

さっぱり、捨ててしまえば、禊は終了。
禊がれている本人にしかできないところがミソ。
いくら、周りから、考え方を変えた方がいいよ、とか、
もう終わったことじゃん!と言われても、自分が納得できないと、
捨てられないのですから。

また、伝授では祈りの本質、みたいな話も深く深く掘り下げました。
一点集中する力と、
それを届ける「作法」
そして、その意識を持ち続けること。
単純かつ、難しい。
だからこそ、ああじゃない、こうじゃないと、試行錯誤しながら、
近づいて行くのだと思います。
間違いも、失敗も、成功のプロセスなのですから、
あきらめずに続けましょう!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:56 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |