2017.03/31(Fri)

【だんな様は霊能力者】 今週のご神託 

昨日の伝授は、先日出かけた「東国三社巡り」の話題から。
気負ったお詣りではなかったのですが、その気楽さの中でも、
ちゃんと見るべきも、感じるべきものがあったようで。
その辺りをちゃんと抜かりなく感じて帰って来る内弟子さんたち。
それが内弟子さんたちたるゆえんなのでしょう。

明日で3月も終わりますが、まあ今年の変化の激しいこと。
近年にない激しさで、個々の禊がかかっています。
それでも、受け止める準備ができている人にとっては、
超えればよいだけのできごと。
って、起こった時には、おおよそ夢中で、他のことなど考えられないぐらい
焦ったりするものですが、何しろ平常心に戻るのが早い。

さて、昨日も神様からご神託をいただきました。
今週のご神託は
「神仏に向かう姿勢は、みなそれぞれ。
新たなる生命が芽生える時期、大きな成長を迎える者もいれば、
禊の辛さに落ちる者もいる。
何もせむまま日々を過ごせば、取り残される。
良きも悪しきも、4月に入ると時が速く流れる。
歩みを止めてはならぬ。。
己の進むべき道をしっかり選び、自らの定めを見極めよ。
自分に取って何が必要か、そうでないかを見極めて、
いらないものは、禊いで潔く捨てよ」

とまあ、いつにも増して、濃い、そして沢山の言葉。
昨日は特に、神様から、皆さんに伝えてくれという気持ちが強く、
お呼びした時には、待ってました!とおいでになりました。

ご神託を戴く時、神が降りてくる人には、エネルギーの違いがあまりにもあるので、
体に負担がかかります。
それに、昨日のように、神様が降りる気満々の時は特にそう。
ですから、神仏と接して、スッキリすると同時に、
余りのエネルギーの強さに、体が付いていかないことが起こります。

神仏と親しく接することができるようになるためにも
しっかり体を鍛えておかなくてはなりません。

それから、もう一つ、ご神託の中で、内弟子さんたちがもらった言葉で
共通するものがありました。
それは、「情に流されるな」ということ。
すっぱり切った方が良い縁は、すっぱり切ること。
その決断が、新たな出会いの縁を、より良い縁をもたらします。

4月に入るけじめの時でもありますから、
モノだけでなく、気持ちの方もしっかりお掃除して、
取り残されないよう、しっかり今日を生きて行きましょう!


連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |