2017.04/03(Mon)

【だんな様は霊能力者】 自分の感覚と得意技 

特殊といえば、特殊な能力を持った人たち。
ここには、そんな人たちが集います。
霊能者、というと、全員、霊が見えると思われているかもしれませんが、
まあ、何をして「霊能者」と定義するかにもよりますが、
霊との接触で起こる様々なことを解決する手助けをする人達、
と仮に定義するなら、必ずしも「見えて」いる人達だけではありません。

中には、見えるというより、自分の考えのように伝わってくる人もあるかと思えば、
うっかりしていると、歩けないほど霊が見えてしまう人、
はたまたうっかりしていると、自分の中に霊を入れてしまう人(←いけませ~~NN!!)
などなど、霊との距離感も様々です。

共通していることの中の一つは、周りの空気から、がっつり影響を受けること。
自分でそれと気が付いている場合もあれば、
影響を受けている自分も自分だと受け入れている場合もあり、
そうなると、「体」が拒否反応を起こして体調を崩す。
こんなに辛いのに、薬も効かないし、病院に行っても正常ですと診断。
初めて自分が、人とちょっと違う感覚を持っているかも?と認識し始めるのです。

ただ、人から見て、どんなに便利そうにみえる感覚の鋭さも、
本人からすると、こんなの要らないと思うこともしばしば。
何しろ、空気の重い場所に行っただけで、倒れそうになるし、
悩んでいる人と話しただけで、自分まで暗くなる、ぐらいなら普通。
自分が寝込んでしまうほどのダメージを受けることもあります。

残念ながら、この体質は、治りませんから、
自分が生きやすいように工夫していくしかありません。
小さな体の不調も気にしすぎることなく、ちゃんとリセットする。
人と違う感覚をどう活かしていくかを工夫してみる。
そして、もともと人と違うのですから、他人と自分をむやみに比べない。
などなど、沢山の工夫の中から、逆に豊かで面白い日々が見えてくることもあるのです。

もちろん、ガッツリ気分も体調も崩した時には、そんなことなど
考えられないようになることもあるでしょうけど、
だからこそ、日頃から、「自分」という感覚をしっかり磨いていくことが必要です。
すると、やがて「ひとりひとり」がどうつながっているかがわかってきます。
ま、それがわかったところで、影響を受けなくなるわけではないのが、
辛いところですが、自分の得意技と受け入れていく。
それも、「自分」を確立するひとつのプロセスなのです。

あ、ちなみに、私の場合、周りにいる人とのシンクロ力が強いと
今日、分析してもらいました。
そ~~いえば、霊は見えませんが、霊を見ている人の頭の中のビジュアルは
しっかり見えます・・・。
「かなりお得だよね~~」と、だんな様。
ま、お得かどうか、自分でも今のところしっかりわかってないので、
お得感を増すべく、これからもう少し、意識してみたいと思います(笑)

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  02:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |