2017.05/09(Tue)

【だんな様は霊能力者】 トピック 永年供養 

ずっと長い間、なかなかお詣りができないままのお墓。
これから先、自分の後、面倒を見ていく人が居なくなったお墓。
同じ問題を抱えたお二人が、同じころにどうにか区切りを迎えられました。

ご両親、親戚などなども絡んでくるお墓の問題ですが、
どう考えても、お二人にそれぞれ影響が出ている!!!
(偶然ですが、お二人、まったくの他人ですが、苗字が同じ)

どうにかこうにか、工夫をして、お二人とも、
お世話になっているお寺での「永年供養」までこぎつけられました。

そこから、お二人の運は、見ていてもはっきりわかるほど、劇的にアップ。
お二人とも、それこそ全く異なる職業ですが、
あのままだったら・・・といういろんなことを乗り越え、ご活躍中。

さて、さて、それでも人生は続きます(笑)
そしてお二人とも千座行は続けていらっいます(毎日、お経を詠んで供養する)
やがて、今のスムーズさが「普通」になるわけで。
ですから、次の段階がちゃんとやってきます。

もはや、千座行を邪魔されることも少なくなり、
毎日のお経は、段々と毎日、歯を磨くように習慣となる。

お二人の内のおひとりは、氏神様へのご挨拶を始められました。
今のところ、毎日参っていられるようです。
決めたら、きちんとされる方。
真面目な方ですから、今後も続けられるでしょうが、
義務感でもなく、ちゃんと神様に会いに行かれるよう、
意識の持ち方を今日はお教えしました。

真面目な方というのは、ちゃんと通われて、ちゃんと手を合わせる。
ところが、うっかり、「形」にとらわれ過ぎてしまうことも。
それから、感覚のある方は、神社などに詣でる時、
逆に気分が悪くなってしまったり、体が揺れる感覚が襲ったり。
色んな原因がありますが、
一つは自分が激しく被っている時、
もう一つは、周りの人達に気を取られ過ぎると、
神社は、色んなものを落としてすっきりする場所ですから、
逆に、それを拾ってしまうこともあります。
ですから、まっすぐ、まっすぐ、神様に会いに行ってください。

ちゃんとまっすぐ会いに行くのに、気分が悪くなったり、
行きたくなくなったり、行けなかったり。
そんな時、原因は、疑うべきは、自分の方の状態です。

私は、祝詞をあげる時、いつも「自分の魂を痛め穢すことなく」
という部分で、背中がピンとなったり、ハッと気づくことがあります。
一日の中で、リセットする時間を持ちながら進むことの大事さを
再確認する時でもあります。

神仏が好きで、縁を深くしたいなら、まずは足しげく通うこと。
基本です。




連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター


スポンサーサイト
EDIT  |  03:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |