2017.06/25(Sun)

【だんな様は霊能力者】 自分の意識の向け方 

自分の意識の向け方が、自分の経験を創り出している。

とは、今、翻訳中の本に繰り返して出てくる言葉。
まあ、全部がそうといえるかどうかは別にして、
確かに、観察していると、ネガティブな人はネガティブな部分を意識して、
そこから心が離れずに、ずっと、考え続けていることが多いです。
そして、その状態で、解決策を考えていたり、
考え続けている自分は、頑張っていると思ったり。

思いのエネルギーが強い人達は、自分の意識をコントロールするのも
一苦労です。
プラスにもマイナスにも、そのエネルギーのせいで大きくブレることがありますから。

思っても、考えても、すぐに解決しないものは、暫く棚上げにするように。

だんな様が今日、ある方にアドバイスしていた時の言葉。

先日も、誰か昔に亡くなった方のことが気になって、
心がそこから離れずに、思い出しただけで、
霊を引き寄せてしまった・・・ということがありました。

霊を引き寄せ、やってあげられることがないとすれば、
また、基本的に自分と関係のない霊を扱うのは、
十分な視点や考慮が必要ですから、ホントに注意。
自分ではただの心配や心を寄せただけの思いやりのある人のつもりが、
こうして、霊を引き寄せてしまうと、普通は引き離すのに、
助けるつもりの霊の助けになるどころか、返って苦しめてしまうことに。
(詳しくは、書けませんが・・・)

こういうこともあるので、思いやりのある人、
思いを寄せる人になるには、まずは、
自分の意識のコントロールができるようになることが先。

かわいそうに・・・と思うこと自体、ひょっとしたら相手に対して、
大変失礼な態度かもしれないのですから。

事情を熟知し、それを過去、現在、未来の時間軸で見通して
解決していかないと、後で、ああ・・・という取り返しのつかないことになりかねません。
ですから、他人のことに、何でもかんでもすぐに首を突っ込んで、
ああしたらいいのに、こうしたらいいのに、と思うのも
結局のところ、何も解決しないばかりか、事態をかえって複雑にします。

自分以外の人には、その人の思いや、意志があるのですから、
自分の意志を尊重するように、相手の意志を尊重できたら、
適当な心理的な距離が、取れるようになってくると。
無関心とは違うんですが、人からの批判が怖いとついついね(笑)

それより、自分の視点で、自分の人生のあらゆることを
もう少し長いスパンで考えらるような視点を身に付けていけたらいいですね。
その方が、現実的です!

連絡先は、タブをクリックするとつながります。
メンター

スポンサーサイト
EDIT  |  04:20 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |